ネットで調べたら出てくる平均年収って実際もらえるの?

コインお金の話

給料明細を見てふと思いました。ネットで平均年収を調べるといろいろ出てくるじゃないですか。

平均年収600万とか800万とか時には1000万以上とか。

あれって本当にもらえるの?

と。上場企業だと調べればすぐに平均年収が出てきます。東証1部上場企業だと平均年収800万円とかかなり高いところもあります。日本人の平均年収は420万ほどですから、そこから比べるとかなりもらってますよね。

ただ、これって一部の高給取りがいるから引き上げられているだけなんじゃない?

って思うんです。僕の勤めている会社も上場しているので平均年収は公開されています。

その額およそ800万円。

僕も入社前は心躍っていました。給料いいし、買いたい物はなんでも買えるな!なんて。

ただ、実際そんな甘くはなかったわけです。僕の現在の給料はなんと22万円!手取りは約17万円!

僕は疑問に思いました。

あれ?平均年収おかしくない?

と。ボーナスがあるにしろ、2倍くらい給料増えないと平均値に届きません。給料テーブルが社内で見れるのですが、どうも平均値にたどり着けなさそうだと。

いろいろ話を聞いていると、年功序列であがったバブル世代に高給取りが固まっているため、平均年収が釣り上げられているようです。

結局、平均年収であって、皆均一に給与が払われているわけじゃないんですよね。そして、どの年代が一番もらっているかなんて働かないとわからないですよね。年功序列の会社は若手に厳しいです。はい。

平均年収はなぜわかるのか

income

よくネットで「会社名 年収」って調べるとでてきますよね。あれってなぜわかるか知ってますか? 社員の口コミの平均ではないんですよ。

上場企業は決算を四半期に1回発表する必要があり、そのたびに決算結果と決算短信を投資家に開示しています。そして、期末の決算になると、決算結果の有価証券報告書という会社の財務や設備、営業状況など様々な記録を記載した資料の提出が義務付けられています。

この有価証券報告書には従業員の人数や年齢、平均給与などが記載されています。

役員報酬も記載されているのですが、カルロス・ゴーンさんが逮捕されたのは、この有価証券報告書に虚偽の報酬額を記載をしたためです。(虚偽記載だけではないようですが。)

まぁ、見抜けなかった日産にお咎めがないのはなんとも言えないですね。

上場している3000社以上の会社は有価証券報告書の提出が義務付けられているので平均年収がわかるんですね。有価証券報告書は会社のホームページのIR(Investors Relations)に載せているところがほとんどかと思います。


ちなみに、日本一の時価総額を誇るトヨタ自動車の給与などは以下の通りです。

トヨタ自動車 有価証券報告書抜粋
出典:TOYOTA 有価証券報告書・四半期報告書 アーカイブズ 2018年3月期

2018年は平均年収831万円、平均年齢39.2歳だったようです。さすが世界のTOYOTAですね。

平均年齢が40歳を超えていないのは意外でした。昔ながらの大企業で、結構歳を取った人が多いと思っていましたが、意外と若いようです。数年は問題なさそうですね。

平均年収の中身について

平均年収ってそもそも何が含まれているのでしょか。給与所得の合計なので、毎月の給料とボーナスに思いますが、いろいろ入ってます。

残業代

これは当たり前ですかね。残業代は平均年収に含まれます。ただ、有価証券報告書を見ても残業時間は記載されていません。なので、平均年収が高い会社の基本給が高いかどうかってわからないんんですよね。

残業代が青天井とかだとエゲツない額が残業代で振り込まれることもあります。

知り合いで、残業が青天井で、月に200時間残業した奴がいました。そいつは社会人1年目だったのですが、その月の給料は60万円以上だったそうです。初任給が20万くらいなのでおよそ3倍ですね。おそろしい……。

いくら働いても使う時間がないと辛いですね。

福利厚生

これ、学生の時の僕は気づかなかったのですが、福利厚生で出る補助も給与所得になるので、平均年収に組み込まれています。

これって家賃補助が高いと年収がかなりアップします。例えば家賃の8割会社のような羨ましい会社の場合、8万円が毎月振り込まれます。つまり、年収は96万円自動で加算されるわけです。

新卒で入った場合なんかだと、家賃補助がある場合とない場合では同じ20万の給与でも、100万円ほど年間で加算されるわけです。これって生活水準かなり変わりますよね。

ただ、家賃補助の落とし穴は、課税されるということです。まるまる全部はもらえないというわけです。まぁ、減ることはないので問題ないんですけどね。まるまる全額はもらえないということです。


サラリーマンなら上記の2つが平均年収に加算されますね。額面だけでは一概に高いか安いかわからないということです。

転職サイトはリアルな数字が書いてある

結局働いてみないとわからないところがありますが、転職サイトの平均年収の欄はわりと年齢ごとのリアルな数字が書いてあっておもしろいです。

僕の会社も僕の年齢に近い人の年収は結構リアルでした。なので、ある程度年齢の近そうな人の情報を見てみると、どれくらいもらえるのか想像できそうです。

会社の内情も書いてたりするので、転職や就活される方は一度目を通したほうがいいですね。

僕は就活のときにVorkersで会社を調べてました。ただ、転職サイトなので悪いところが目立ちますね。就職する気が失せるので、ハマり過ぎも注意かもしれません。

OpenWork 「社員による会社評価」 就職・転職クチコミ(Vorkersはオープンワークへ)
就職・転職前に採用企業のクチコミをリサーチ。OpenWork(オープンワーク)では、「社員・元社員」から独自に収集した「年収・待遇」や「職場環境」の評価・レビューを共有。「組織体制」、「退社理由」など、8カテゴリのクチコミと「給与制度」、8つの評価スコアで採用企業を分析します。

時間があるときにでも見てみると面白いのでどうぞ。

まとめ

結局、平均年収はあてにならん!ということでした。

そもそも、給料は個人の能力に見合った額が払われるのが、正しい形だと思います。

少子高齢化で、昔のような年功序列も長くは続かないでしょう。なので、会社に依存しない生き方も模索したいです。

自分磨こう。

タイトルとURLをコピーしました