NISA口座を他社の証券会社に変更する方法【めっちゃ時間がかかる】

NISA口座の変更方法資産運用

この前NISA口座を他社の証券会社に変更しました。

始めて証券口座を作ったのがカブドットコム証券(現auカブコム証券)だったのですが、そのとき一緒にNISA口座も申し込んでいました。ただ、今となってはメインで使っている証券口座はSBI証券楽天証券で、カブドットコム証券には1円も入っていません。

NISA口座をいつまでも使わずに置いておくのも気になったので、NISA口座をカブドットコム証券からSBI証券に変更してみました。

やり方はとても簡単だったんですが、めちゃくちゃ時間がかかりました。手続きを始めてから3週間以上はかかっています。

まさかこんなにかかるとは。NISA口座を変更したい場合は必要になる前から早めに準備することが大切だと実感しました。

NISA口座を他社に変更する条件

NISA口座を変更するには条件があります。いつでもすぐに変更できるわけではないので注意が必要です。

  • NISA口座を変更する年の1月から9月まで利用していない
  • 利用している場合は10月以降である

この2つ条件があります。まずNISA口座を使っていない場合はいつでも申請が出来ます。そして9月までなら年内に他社の証券口座に変更できます。

1回でもNISA口座を利用した場合は、10月以降に申し込めば翌年に違う証券会社に変更することが可能です。

例えば2020年の9月までに1回もNISA口座を利用していない場合は、9月までの申請で2020年のうちに変更可能です。

2020年に1度でもNISA口座を利用した場合は他社への変更は2020年10月以降の申請になり、2021年から他社で利用することが出来るようになりまう。


ちなみに、NISA口座を変更しても既に買っている株式などの商品は移管できないので課税口座に移すか売却かのどちらかになります。

口座が空じゃない場合はよく考えてから手続きする必要がありますね。

NISA口座を他社の証券会社に変更する方法

NISA口座を変更する方法ですが、基本的に書類のやり取りだけで完結します。ただ、そのやり取りの数が多いのでなかなか手続きが進みませんでした。

まさか2週間以上もかかるとは考えてもいませんでした。待っている間に相場がどんどん上昇して歯がゆい思いをしましたが、長期投資に焦りは禁物ですね。

NISA口座を変更する手順はこんな感じです

NISA口座を他社へ変更する手順
  • 手順1
    NISA口座を既に開いている証券会社に電話


    証券会社にNISA口座を他社へ変更したい、と電話します。僕の場合はauカブコム証券に電話しました。本人確認とNISA口座で何も買っていないか聞かれたくらいで手続きは終わりました。

    ちなみに、この手続は電話でしか出来ません。サラリーマンは電話サポートがやっている9-17時くらいの間に電話する必要があります。

  • 手順2
    NISA口座の変更先に口座開設資料を請求

    電話したら、待っている間にNISA口座の変更先に口座開設用の資料を請求しましょう。僕はSBI証券に変更するのでSBI証券に資料請求しました。

    資料請求はここから出来ます。
    >>金融機関変更によるSBI証券への口座開設お申し込み

  • 手順3
    勘定廃止通知書を貰うための書類が届くから返送

    勘定廃止通知書っていうのは、NISA口座廃止しましたよ~っていう書類です。

    勘定廃止通知書を作成するには既に開いているNISA口座を廃止する必要があるので、NISA口座を廃するための書類が送られてきます。

    書類に名前書いて、免許証のコピーも添えて送り返せば終わりです。簡単ですね。ただ、このために郵便の往復が必要なので面倒くさいです。

  • 手順4
    勘定廃止通知書が届く

    1週間くらい待っているとNISA口座廃止の連絡がメールで先にきます。それから3日くらいして勘定廃止通知書が届きます。

    長かったですね。ようやくSBI証券に口座開設が申請できます。

  • 手順5
    勘定廃止通知書をNISA口座の変更先へ送る

    auカブコム証券から届いた勘定廃止通知書をSBI証券に送ります。また免許証のコピーが必要です。

    本人確認ばっかりで面倒くさいですね。こちらも名前書いて免許証のコピーを添えて送り返すだけです。

  • 手順6
    NISA口座が開設されるのをひたすら待つ

    書類を送り返したらNISA口座が開くまで待ちます。税務署に申請されるまで1~2週間程かかるそうです。

    ここまで来たら最後は待つだけです。長いですね。

というわけでひたすら郵送を繰り返し、3週間以上の月日が経ってようやくNISA口座を移動させることに成功しました。

この郵送の繰り返しはどうにかならないもんですかね。

NISA口座を他社へ変更するデメリット

NISA口座を変更するとロールオーバーができなくなるのが唯一のデメリットです。

NISA口座は非課税期間が5年間ありますが、5年経過したときに口座の株式を売却するか、特定口座に移管するか、ロールオーバーするかの3択になります。ただし、最後のロールオーバーに関しては口座を開いた同一口座でしか出来ません。

僕の場合はauカブコム証券でNISA口座を開いたのですが、SBI証券に口座を移動させてしまったので、残りの非課税期間が終わったら売却か移管の2択しか残されていません。

ロールオーバーしたい人はNISA口座の変更は考えないといけませんね。

SBI証券でNISA口座を開くので、NISA口座の期間が終了したときに含み損になっていないことを祈るばかりです。

NISA口座はよく考えてから開こう

NISA口座を開くのは簡単ですが、1度開くと違う証券会社に変更するのってめちゃくちゃ面倒くさいです。最初にNISA口座を開くときは今後もその証券会社を使っていくのかを考えたほうがいいです。

NISA用にその口座にだけ入金するのってかなり手間ですしね。数万円だけ買付金額が足りなくなったらかなり虚しいです。


メインで使う証券会社を決めてからNISA口座を開いても遅くないですね。

ちなみに僕がメインでSBI証券と楽天証券を使っている口座の理由は手数料が安いから。手数料が100円違えば10回の取引で1000円変わります。手数料もバカにならないですからね。


NISA口座はメインの証券会社を決めてから開きましょう!

タイトルとURLをコピーしました