大学の学費は国公立・私立でどれくらいかかるの?費用を解説

moneyお金の話

大学進学にかかる費用について、どの程度かかるかは進学する前に一度は考えるのではないでしょうか?

国公立大学の方が私立大学よりも学費は安く、できれば国公立大学に通ってほしいと思う親は多いと思います。実際、国公立大学の方が私立大学よりも学費が安いのは事実ですが、これは実家から通うのか、下宿して一人暮らしをするのかでも大きく変わります。

また、私立大学も文系、理系で大きく学費が異なります。理系は特に研究機材などに大きく費用がかかるため、文系より明らかに学費が高いです。理系でも医学部や薬学部となるとさらに高くなります。

今回はそんな大学生活にかかる費用についてまとめました。

下宿(一人暮らし)にかかる費用

学費の解説の前に、まず大学に通うにあたってかかる学費以外の費用についてです。大学は高校までと違い、家に近い場所にないことが多いです。正確には通いたい大学が実家から通える範囲にないことが多いです。特に、東京大学や京都大学といった国公立大学の名門校は関西や関東の首都圏に多いです。

なので、実家が関西、関東以外にある場合、名門校を目指すということは同時に一人暮らしも必須となります。一人暮らしをするとなると学費以外にも多くの費用がかかることは明白です。
平成28年度 学生生活調査結果によると、大学生の学費を除いた一人暮らしにかかる費用は年間1,095,100円です。つまり、4年間で4,380,400円という計算になります。

この金額には娯楽費、その他日常費という項目が計上されているので、仮に一切の娯楽や日常費がかからないと仮定した場合、4年間で2,968,000円となります。

一人暮らしをするだけで約300万円もかかるのですね。これは全国平均なので、もちろん東京などの首都圏に行けば高くなりますし、地方の大学に行けば安くもなります。東京は家賃相場がたかどまりしており
、首都圏に近い場所に家を借りると、そこまで内装がよくない家でも家賃7~8万円は覚悟したほうがいいです。仮に家賃が7万の場合、4年間で336万円の家賃がかかります。光熱費や食費を入れると400万円を超えることになります。

反対に、九州では博多に近い場所に住んでも家賃3万円台の家を探すこともできるので大きな違いです。東京都同じように7万円払えば1LDKの家を借りることも容易でしょう。一人暮らしの費用は場所によって大きく変わります。


実家から通う場合はこれらの費用はかかりません。なので、一人暮らしをするか否かの違いは費用面で大きな差になります。

国公立大学の学費

国公立大学

国公立大学の学費は文系、理系ともに変わりません。一部、県立大学や市立大学は入学金が県内と県外で違う場合などもありますが、基本的にどの大学に行っても同じ学費になります。

区分入学金学費(1年)4年間合計下宿する場合
文系282,000円535,800円2,425,200円5,393,200円
理系282,000円535,800円2,425,200円5,393,200円

やはり国公立大学の学費は安いですね。年間535,800円なので月額にすると44,650円です。この程度ならアルバイトをすることで自分で学費も支払えそうですね。ただ、国公立といえども、下宿するとなると費用がとたんに増加します。

500万円を4年間で超えてくるので、さすがにアルバイトで払うとなると、勉強との両立が厳しくなる金額になります。奨学金や、親の仕送りに期待しないと厳しいですね。

私立大学の学費

私立大学の学費は国公立大学と違い、文系、理系で学費が異なります。また、大学ごと、学部ごとに学費も異なるので一概に費用を出すことができません。ですが、文部科学省の調査によって平均値が出されています。

区分入学金学費(1年)4年間合計下宿する場合
文系231,811円781,003円3,355,823円6,323,823円
理系254,941円1,101,854円4,662,357円7,630,357円
医歯系1,050,306円2,847,940円18,137,946円(6年)21,105,946円
その他252,030円900,093円3,852,402円6,820,402円

出典:文部科学省 平成29年度 私立大学入学者に係る初年度学生納付金 平均額(定員1人当たり)の調査結果について

私立大学と言っても文系の場合は国公立大学と差が年間約25万円です。4年間で100万円ですが、とても払えないといった額の差ではないと思います。自宅から通うのであればどうにかなる金額ではないでしょうか。

次に理系です。理系になると国公立大学と大きな差が出始めます。年間の学費は国公立大学と比較して約2倍となり、下宿もするとなると約750万円が最低限かかります。これだけの学費を払うとなると社会に出てからそれだけの価値を得られるのかを考える必要もあるかもしれません。

特に理系となると院に進んでさらに研究をしたいという学生の割合も多いです。私立大学で大学院まで進むとなると1,000万円以上必要となる場合もあります。理系で私立に進む場合はそのような点も頭に入れておいたほうがいいかもしれません。

最後に医歯系です。医歯系は金持ちの家しか目指せないと言われているように、他の学部とは違い、圧倒的に学費が高いです。年間の学費も300万円近くかかり、さらに他の大学と違い6年間大学に通う必要があります。卒業するまでに2,000万円前後必要となり、親の財力が高くない場合、奨学金無しで通うというのはかなり厳しいかと思われます。

ただ、医師になることが出来れば報酬も一般企業よりも多くなるので、学費以上のリターンは期待できるかと思います。

日経メディカル オンラインの調査によると、医師の平均年収は1,477万円と高額であることがわかります。もちろん、待遇に応じたハードな仕事ではありますが、学費に対して得られる所得の期待も高くなります。

奨学金を検討する場合

国公立大学と私立大学ともに4年間で最低250万円はかかります。兄弟がいる場合や家計が厳しく学費に回せる費用が出せない場合もあるでしょう。そういった時に利用するのが奨学金です。

日本学生支援機構が学ぶ意欲のある学生に対して学費を貸し出してくれます。金額は月2万円~12万円です。(医歯系は16万円まで)
4年間で96万円~576万円まで借りることができます。これだけの額を借りることが出来ればほとんどの大学に通うことができるのではないでしょうか。

また、現在の奨学金の利率はとても低くなっており、576万円を借りた場合でも利子の合計額は数万円で済みます。利率の支払い方式によっては利子の合計で1万円を超えることもありません。

もちろん、借りた分の返済は必要となりますが、それでも学びたい場合は1つの手段としてありではないでしょうか。決して安くはない学費を払って大学に通うのですから、将来のリターンが期待できるような学生生活を送りたいものですね。

まとめ

国公立大学、私立大学の学費について比較しました。国公立、私立とのに下宿することで費用が格段に上がることを避けられないので、大学に進学するときはどこのキャンパスに通うのかも考えたほうがいいかもしれません。

大学の学費は最安値は自宅からの国公立大学の2,425,200円となりました。反対に1番高いのは医歯系の下宿生で、21,105,946円となり、それを除くと理系の下宿生の7,630,357円です。これらは最低限かかる費用で、他に教科書代や引っ越し代、交通費などいろいろと費用がかかります。


国公立大学は文理ともに学費が同じなので、理系であれば、圧倒的に国公立大学の方が安く済ませることができます。反対に、文系は国公立と比べて私立でも大きな差は感じられないので、行きたい大学を目指しやすいのかもしれません。

国公立と私立では学費に大きな差がありますが、その差がある分、キャンパスの設備もキレイなところが多いです。教室の設備も整っており、研究室の機材も最新、キャンパスもキレイといったように、学生生活を送る上ではとても整った環境となっています。

国公立大学は国からの予算による影響が大きいので、設備が老朽化したところが目立ちます。


国公立大学、私立大学どちらがいいのかは家庭の経済状況や自分の思いなどを天秤にかけて考えてみるといいかと思います。

タイトルとURLをコピーしました