1時間以上の通勤時間を無駄にしない過ごし方。時間を有効活用する方法

通勤 ビジネス

多くの人の揉みくちゃにされながら過ごす通勤電車。出来ることなら乗りたいくない人がほとんどだと思いますが、そういうわけにもいかないのが雇われ社員の宿命です。

多くの人が漫然とスマホをいじっているをよく見ますが、みなさんはどのように過ごしていますか?

僕自身、通勤に毎日1時間30分かけて会社に通っています。往復にすると3時間という軽視できない時間ですが、以前は漫然とスマホをいじったりゲームをしたりしていました。思い返せばかなり無駄な時間を過ごしていました。

往復の3時間という時間は有効活用することが出来ればいろいろなものを得るチャンスがあります。

僕自身が実際にやってみた通勤時間の過ごし方をご紹介します。

通勤時間の有意義な過ごし方

通勤時間が片道1時間かかる場合、年間の平日の数を250日とすると 1時間×2×250日=500時間となります。500時間は約20日です。3週間近い時間を通勤に費やしていることになります。結構な時間ですよね。僕みたいに1.5時間通勤に掛けている場合は約30日通勤に掛けていることになります。

つまり年間1ヶ月は通勤しているわけです。この時間を無駄に過ごそうものなら僕に取っての1年は実質11ヶ月のようなものです。

これは有意義に使うしかありません。年間の1ヶ月はとてもでかいです。

英語の勉強

王道の英語の勉強です。電車の待ち時間から電車の仲間で全て使うことが出来ます。歩いている時にイヤホンをつけてリスニングの練習も出来ます。

目、耳両方使って勉強が出来るので通勤時間の過ごし方としては定番です。

実際に通勤時間で英語の勉強をやっているのですが、1.5時間もあるとそれなりに勉強が進みます。単語帳も新しい単語50個ずつくらい電車の中で覚えようと思えば出来ないこともありません。(覚えているかは別ですが。)

ただ、毎日単語帳と向かい合っていると少しづつ覚えていることも実感できるのでそうなると少しづつ楽しくなってきます。特にやりたいことがないのであれば英語の勉強はおすすめです。英語のスキルは汎用的に使えるのでいざというとき役立つかもしれません。

ただ、勉強の弱点としては朝はいいのですが、帰りは疲れてやる気がでないことです。頭を使う作業は朝の頭がフレッシュな時にやったほうがいいです。人間の脳は朝が1番活性化しているので勉強にもってこいです。

資格の勉強

英語の勉強と同じですが、通勤時間はそれなりに勉強時間が確保できるのでおすすめです。特に暗記ではなく、試験問題を解くといった頭を使う作業は朝が一番効率的に勉強できるのでおすすめです。

ただ、紙やノートに書くといったことは難しいので出来ることが限られるのも事実です。

資格の勉強を電車の中でやったことがあるのですが、簡単な選択肢問題を解くというのが限界でした。ただ、そういった問題も資格試験では大事なので通勤時間にそういった簡単な問題を解き、家では難易度の高い問題を紙書いて解くという分け方をすれば効率的に勉強できました。

ドラマ・アニメを観る

勉強がしたくない人にオススメなのがドラマやアニメを観ることです。最近ではNetflixやHule、Amazonプライム・ビデオなど多くのサブスクリプションサービスがあります。

どれか一つでも契約していれば通勤時間にドラマやアニメをスマホで観ることができます。1時間くらいだと映画は最後まで観ることはできませんが、ドラマやアニメだとちょうど1話全て入ることが出来る時間です。

僕はAmazonプライム会員なのでAmazonプライム・ビデオを通勤時間観ることが多いです。アニメだと毎週更新されるので日替わりで回すことが出来ておすすめです。アニメばかり観すぎてオススメがアニメばかりになってしまいました。人にはあまり自分のビデオ欄を見せたくないですね。

映画でも全て1日で観なくてもいいと言うなら少しづつ観ていくのも楽しいかもしれません。毎日続きが気になるので通勤が多少は楽しくなるのかもしれません。ほんの少し楽しみがあるだけでだいぶモチベーションは変わると思います。

読書

王道その2です。通勤時間の有意義な過ごし方として読書があります。読書は勉強と違って苦手なことを克服したり、記憶したりする必要もないので簡単に始められると思います。

また、自分の好きなジャンルの本を選べるので楽しみながら通勤時間を過ごすことが出来ると思います。本なら場所も取らないので通勤中でも読みやすいと思います。教養も身につくと思うので本を読んで損はないと思います。

ニュースアプリでニュースの閲覧

スマホの普及で今や1人1台スマホを持っている時代です。それに伴い、ニュースなどの情報もスマホで配信されるようになりました。アプリもアップデートを重ねどんどん使いやすくなっています。

新聞でもニュースを観ることは出来ますが、満員電車で新聞は広げるスペースがありません。新聞を広げるだけ他の乗客とトラブルの元になりかねません。スマホのニュースアプリなら場所も取りませんし、速報性も高いので、常に最新の情報を手に入れることも出来ます。また、ほとんどの情報が無料で手に入れられることも大きいです。(一部有料のアプリもあります。)

新聞の場合は月にいくらか購読料がかかりますが、アプリなら無料なので片手間の情報収集には役に立つともいます。社会人として最新のニュースを知っておくと仕事中に役立つこともあるかもしれません。

最新のニュースを知るためにニュースアプリもおすすめです。

いっそ寝てしまう

もし通勤時間に座れるならばいっそ寝てしまうのも有意義な時間の過ごし方だと思います。誰もが朝からさっぱりと目が覚めて勉強や読書に時間が当てられるわけでもありません。

通勤時間が長いのならば座っている間に寝て寝不足の解消に繋げるのも一つの時間の過ごし方です。

ただ、通勤時間ではあまり熟睡も出来ない人もいるかとい思いますし、そもそも座れない人もいると思うのでこの過ごし方は自分の環境次第ということにはなります。

まとめ

通勤時間の有意義な過ごし方をご紹介しました。通勤時間では負担にしかなりませんが、どうせつらい思いをするのであれば時間を自分の為に使うべきでしょう。

片道1時間以上の通勤時間が必要な人はより一層有意義に時間を使うべきです。その時間の使い方が自分の将来に大きな影響を与えることになるはずです。

また、通勤時間を有意義に使うためには睡眠時間もしっかり確保してさっぱり目覚めることが大切です。眠いと何もやる気になりません。しっかり寝て朝から有意義に時間を過ごしましょう。


そして何より、会社の近くに住めるのなら引っ越すのが一番ですね!

タイトルとURLをコピーしました