電気シェーバーを選ぶときの3条件。朝の短い時間でストレスなく髭を剃るために

電気シェーバーを選ぶときの3条件ガジェット

世のメンズの多くは朝に髭を剃ってから仕事に向かうと思います。僕もそのうちの1人で、毎朝短い時間の一部を使って髭を剃ってから仕事に向かっています。

朝の短い時間で髭を剃るので電気シェーバーを使っているのですが、毎朝利用する電気シェーバーだからこそ自分の納得する電気シェーバーを使いたいですよね。剃り残しとかで時間が取られるとイライラします。


僕は朝起きてから30分で家を出るタイムスケジュールで動いています。30分の中で朝食も食べますし、歯も磨くので髭剃りにあまり時間をかけていられません。

そんな短い朝に使う電気シェーバーなので、選ぶときはいくつか条件があります。


僕と同じように朝、時間があまりない人にとって電気シェーバーの選び方が参考になればと思います。参考になるのはこんな人!

  • 朝起きてから家を出る時間が短い
  • 毎朝髭を剃っている
  • 電気シェーバーを探している

僕が電気シェーバーを選ぶときの条件を順番にご紹介します。

電気シェーバーを選ぶときの3つの条件

僕が電気シェーバーを選ぶときは3つの条件があります。それは

  • 充電式
  • 剃り残しがない
  • 防水

という3つの条件です。それぞれ理由を順番に解説していきます。

電気シェーバーを選ぶ条件1:充電交流式

電気シェーバーの電源タイプは大きく分けて3種類あります。

充電交流式、充電式、乾電池式の3種類です。


充電交流式・・・充電しながら使用できるタイプです。忙しい朝に充電が切れて使えないという悲惨なことが起きません。

充電式・・・充電してからじゃないと使用できません。お風呂で使用できるタイプなどに多いです。朝に電池が切れると絶望します。

乾電池式・・・乾電池を入れて動作します。安いものが多いですが、電池を入れ替えるのがめんどくさいです。小さいので持ち運びには向いてます。


この3種類の中で、充電交流式の電気シェーバーが朝の忙しい時間に髭を剃るときは必要です。

朝の忙しい時間に髭を剃ろうと思った時に電池が切れるという悲惨なことが起こっても充電しながら使えますし、もちろんバッテリーでも動作します。

バッテリーで動くので持ち運びも簡単です。

朝の忙しい時間には一番便利なタイプだと思ってます。充電式だと電池が切れたら詰みます。充電すればいい話ですが、充電を待っている時間なんて朝の急いでいる時間にはありません。朝のルーティンを乱すわけにはいかないのです。

充電しながら髭を剃れる充電交流式は最高です。


だいたい1週間以上バッテリーが持つタイプがほとんどなので、旅行に持っていくときは充電器がなくても大丈夫なところが更に便利です。

僕の中では電気シェーバーのバッテリータイプは充電交流式一択です。

ちなみに、乾電池式はチープな感じがするのであまり好きではありません。(個人の感想です。)

電気シェーバーを選ぶ条件2:剃り残しがない

髭を剃っていて剃り残しがあるとイライラしますよね。1本だけ残ったり、なんかうっすら残っていたり。

僕は髭を剃っていて、顎のラインに剃り残しが出ることが結構あります。剃り方でどうにかなる部分も結構ありますが、やはり剃り残しが出来るだけ出ないタイプの電気シェーバーを使うべきです。

朝の短い時間で剃り残しと格闘するのは時間の無駄です。一撃で仕留められる方が圧倒的に時間の節約になりますし、肌へのダメージも少なく済みます。


では、どんな電気シェーバーがいいのか。シェーバーのタイプが往復式ロータリー式の電気シェーバーを選ぶべきです。

両方とも深剃りに向いています。また、ヘッドの面積が大きいと一気に剃れる範囲も大きくなり、朝の短い時間に何度も剃り直さなくて済みます。

剃り残しが数本残っていると、何度も往復することになって面倒ですよね。そういった手間も、剃れる面積が大きくなることでかなり解消されます。

一撃で仕留められる往復式ロータリー式のヘッドのタイプがおすすめです。

電気シェーバーを選ぶ条件3:防水

防水だと洗う時に濡れる心配をしなくてもいいですし、洗面所で多少濡れても壊れる心配がありません。

鏡の前で髭を剃るのが基本かと思いますが、洗面所で剃っている人も多いと思います。洗面所で剃るとどうしても水気のある場所になるので水がかかる可能があります。水没して使えなくなったりしたらなかなかメンタルに来るものがあると思います。

そんな悲惨な事態を起こさないために防水は必要ですね。

ヘッドを洗うときも躊躇なく水で洗えるので便利です。

絶対に水がかかることがない!
と自信のある人には不要ですが、僕は洗うとき水道の水を直にヘッドに掛けて洗いたいので防水タイプを選んでいます。

朝の忙しい時間に使えるおすすめ電気シェーバー

僕が電気シェーバーを買うときの目安にしている3つの条件を紹介しました。

ではその条件を満たす電気シェーバーってどんなのがあるんた、ということになると思うので、僕がおすすめする朝の忙しい時間に使えるおすすめ電気シェーバーをご紹介します。

ご参考にどうぞ。

パナソニック ラムダッシュ ES-LV5E-K

created by Rinker
パナソニック(Panasonic)
¥23,100(2020/08/05 07:32:06時点 Amazon調べ-詳細)

品番ラムダッシュ ES-LV5Eサイズ高さ16.7×幅7.2×奥行5.9cm
刃の枚数5枚刃質量約200g
電源充電・交流式 急速1時間充電防水IPX7

パナソニックのラムダッシュ ES-LV5Eです。5枚の刃が14,000/分の高速ストロークで髭を剃ります。

深剃りはもちろんのこと、5枚刃による肌への負担軽減や、圧力を均一にする工夫もされており、肌への負担を大きく軽減してくれる電気シェーバーです。

1日3分間の使用の場合、14日間はバッテリーも持つので頻繁に充電する必要はありません。

値段は2万円以上とそこそこの値段ですが、朝の髭剃りの時間を快適に過ごすための投資と思えば価値のあるものだと思います。

パナソニック ラムダッシュ ES-LT5A-H

品番ラムダッシュ ES-LT5Aサイズ高さ20.0×幅14.4×奥行6.9cm
刃の枚数3枚刃質量約190g
電源充電・交流式 急速1時間充電防水丸ごと水洗い(充電スタンド、ACアダプターは除く)

パナソニックのラムダッシュ ES-LT5Aです。こちらは刃の枚数が3枚となりますが、「3Dアクティブサスペンション」というヘッドが柔軟に動く仕組みが搭載されており、顎の凹凸部分での剃り残しが少なくなるような仕組みにないっています。

また、バッテリーは充電ランプで表示してくれるので、バッテリーが少なくなってきたこともわかりやすいです。

僕の考える朝の髭剃りに必要な機能を十分に盛り込んでおり、3枚刃ながらも剃り残しが少なく出来るタイプの電気シェーバーです。価格も1万円前半なので、お手頃かと思います。

ブラウン シリーズ3 3020s-B

品番シリーズ3 3020s-B-P1サイズ高さ15.6×幅5.7×奥行4.8cm
刃の枚数3枚刃質量220g
電源充電・交流式 急速1時間充電防水IPX7

ブラウンのシリーズ3 3020sです。最低限必要な機能を備えたモデルで、かつ価格が安いので手を付けやすいモデルかと思います。

ブラウンも電気シェーバーのメーカとして有名です。機能としても最低限は揃っているので十分だと思う人は買ってもいいと思います。電気シェーバーにあまりお金を掛けたくないけど、コスパを求める人に向いているモデルだと思います。

まとめ 朝の髭剃りはサクッと電気シェーバーで!

僕が電気シェーバーを買うときの3つの条件とおすすめの電気シェーバーをご紹介しました。サラリーマンの朝は何かと時間がないことが多いと思います。

髭剃りは電気シェーバーでサクッと済ませて限りある短い時間を有効に使いたいですね。

電気シェーバーもいいものを買えば長く使えるので、僕はできるだけいいものを使ったほうがいいと思う派です。


人それぞれ考えや髭の処理方法も違うので、1つ参考になれば幸いです。

タイトルとURLをコピーしました