授業員持株会は奨励金が出るなら入るべき!メリット・デメリットを解説!

moneyお金の話

会社に入ったときに従業員持株会について説明を受けた事がある人はいると思います。

なんかよくわからないけど入っている人、株とか怖いからやらない人、強制的に入らされた人、いろいろいると思いますが、「奨励金が出るなら」入ることをオススメします!


株は資産形成の方法の1つです。

ただ、リスク資産なので元本割れや大損する可能性があるからやりたくない、って人もいると思います。

従業員持株会は通常の株式投資より低リスクで運用できる株式投資の手法です。


もちろん、100%資産が増えるということでもありませんが、最近は年金の問題で取り上げられているように、老後の資産形成を真剣に考えないといけない時代になりました。

投資の入口としても従業員持株会はいい機会なのでオススメします。

そんな従業員持株会の制度やメリット・デメリットについてこれから解説します。

従業員持株会はどのような制度なのか

従業員持株会というのは、その名の通り「従業員が自社の株主になれる制度」です。

勤めている会社が上場している場合、自分の会社の株を買うのって難しいんですね。

会社の業績に影響するような情報を知っている人が自社の株を売買するとインサイダー取引で捕まってしまいます。

例えば今年度の業績が昨年度の2倍になりそうだ、ということを知っていたとしたら決算発表より前に自社の株を買うことで簡単に儲けられてしまいます。

もちろんこれは完全なインサイダー取引ですが、自社の株を買った直後に偶然業績の上方修正が発表されても、あなたがそのことを知らなかったことを証明することって難しいですよね。

そんな理由もあり、自社の株を売買するのは簡単ではないです。


そんな自社の株を従業員が買う手段としてあるのが従業員持株会制度です。


もちろん、その代りにすぐには売れないんですけどね。

毎月少しづつ給料から会社の株を買うためにお金を出して持株数を増やしていきます。

株は通常100株単位でしか買えません。(単元未満株など例外もありますがここでは考えないことにします。)
しかし、持株会は1株単位で買うことができます。例えば株価1000円の会社だと、毎月1000円拠出すると1株ずつ毎月買うことができます。

僕の会社だと株数が小数点まで買えました。株価が800円だと1000円出した場合1.25株毎月買えます。

少しずつ株を買って貯金感覚で資産形成ができます。

ちなみに、「自分の会社の株はインサイダーになるから普通には買えない!」って言う人がいますが、自分の会社の株は普通に買えます。

買う前にインサイダーではないかの確認があるくらいです。問題になるのは、自分の会社の株を買ったり売ったりしたタイミングで会社の業績や今後に関わるニュースが出たときです。


では、なぜ会社に従業員持株会という制度があるのでしょうか。

いくつか理由はありますが、大きな理由としては以下のとおりです。

  1. 物言わぬ安定株主を得るため
  2. 株価の安定
  3. 資産形成としての福利厚生
  4. 従業員のモチベーションアップ

順番に解説します。

理由1. 物言わぬ安定株主を得るため

会社とは株主のものです。

社長でも、会社を立ち上げた人のものでもありません。

会社の方針を決めるのは株主であり、社員ではないのです。

つまり、その会社の株式を50%以上持っていれば、会社はその人の決定に従わなくてはなりません。

例えば会社が他の会社の買収などをしたい場合、筆頭株主に拒否されたらできないわけです。

もちろん、筆頭株主でなくても株主の意見は尊重されるべきであり、多くの株主からの反対意見があれば会社は行動が取れません。

そこで、従業員持株会です。

持株会の株主はもちろん従業員です。持株会をやっているからといって会社の経営に文句を言うでしょうか?

従業員が株主総会で会社の決定に物申すということは、社長や役員などの経営陣に直接文句を言うことと変わりません。

そんなことする従業員は基本いませんよね。

持株会の株主は基本的に沈黙しているので会社からしたら楽な株主です。そして簡単には売れないので長い間株主でいてくれるので会社から見たらありがたい存在ですよね。

理由2.株価の安定

従業員持株会は毎月従業員の給料から拠出されます。

つまり毎月自社の株を買う人がいるということです。毎月株を買う人がいるということは株価が下がりにくいということになり、株価の安定に繋がります。

株価が下がると他企業からの買収のリスクもあります。

上場している会社の株は誰でも買うことができます。つまり、誰でも株を買い占めることも可能ということです。

会社の株価が下がるということは外部の人間が少ない資金でその会社の株を変えるようになるということであり、買収のリスクが高まるということです。

例えば株価1000円の会社が1万株発行しているとします。

過半数の5000株を買うには5000万円必要になります。

しかし、株価が500円まで下がったとすると半額の2500万円あればその会社を買収することが可能となります。

半分の資金で買えるようになるので買収されるリスクが上がったということになります。

実際はそんな単純ではないのですが、株価が下がると会社が買収されるリスクがあるというわけです。

しかし、持株会で毎月従業員が株を買ってくれれば株価は下がりにくくなります。そうすると買収のリスクも減りますよね。

理由3.資産形成としての福利厚生

福利厚生といて従業員持株会は位置しています。持株会に入って自社株を買って貰う代わりに奨励金を出しますよ!って企業が多いと思います。

自分の会社の株を買うだけで手数料はかからないし、お金までもらえるなんて、いい制度だと思います。

奨励金の額は会社によって変わりますが、10%以上出る会社はかなり太っ腹だと思います。

10万円の10%は1万円ですからね。1年間毎月拠出したら1年で12万円給料アップです。お得ですよね。

これだけ太っ腹な拠出具合なら持株会に参加する価値はあると思います。

理由4.従業員のモチベーションアップ

最後は従業員のモチベーションアップです。

株価というのは長い目で見ると会社の業績に連動します。成長している企業の株価は上昇するので、持株会に入っていると会社の業績がよくなれば自分の資産も増えるわけです。

頑張ったぶん会社の業績がよくなり、資産が増えればやる気も上がりますよね。

ただ、あまりに会社が大きいと自分の頑張りも大して業績に繋がらないので大企業の方には当てはまらないかもしれません。

従業員の少ない企業だと自分の頑張りも業績に影響を与えるのでモチベーションも上がるでしょう。

従業員持株会のメリット

money2

それでは従業員持株会のメリットを解説していきます。うまく使いこなせば大きなメリットがあると僕は考えています。

奨励金が出る

僕が従業員持株会を一番オススメする理由はこれです。

会社によって奨励金の額は違いますが、何%かの奨励金が出ることが多いです。なかには10%以上の奨励金が出る会社もあるそうです。

株式投資で10%の利益が最初から乗っている状態というのはかなりすごいことです。

従業員が1万人いる会社で全員が1万円拠出したとしましょう。

すると毎月1億円拠出されるので会社は10%にあたる1000万円を持株会の補助のために出していることになります。

毎月1000万円従業員の補助で出すってすごいですよね。もちろん会社によって違いますが、大きなお金が持株会のために払われています。

個人としても毎月10%の奨励金が出る場合、月1万円出せば1年で1.2万円が自動で増えます。月10万円出したら1年で12万円です。12万円までいくと結構大きい額ですよね。それだけ奨励金の効果は大きいです。

正直、奨励金が出ない場合、従業員持株会なんて入るメリットはほぼありません

それだけ奨励金の効果は大きいので、勤めている会社の持株会に奨励金が出る場合は入会することをオススメします!

ドルコスト平均法によりリスクの低減

株価というのは毎日変動します。ドルコスト平均法とはこの変動リスクを抑えるための手法です。

毎月決まった額を拠出することで株価が高いときは少ない株数を、株価が安いときは多い株数を購入することで平均取得単価を下げていく手法です。以下の図のような感じです。

  1月2月3月4月5月6月合計平均単価
株価(円) 100090060080013001400 1,000.0
1万円拠出拠出金額(円)10000100001000010000100001000060000921.5
 購入株数(株)10.011.116.712.57.77.165.1 
10株購入拠出金額(円)100009000600080001300014000600001,000.0
 購入株数(株)10.010.010.010.010.010.060.0 


毎月10株購入する場合、平均取得単価は株価に連動してしまいます。

しかし毎月1万円拠出した場合、株価が高いときは購入数が少なくなり、安いときは購入数が多くなります。

そうすることで、表のように毎月1万円拠出する方は取得単価が921.5円と同じ6万円の拠出でも含み益が発生しています。

これがドルコスト平均法のメリットです。株価は波のように動き上下します。なので下がったときに株数を増やすことで上がったときに大きな利益をえることができるのです。

従業員持株会はこのように毎月定額を拠出するドルコスト平均法で株を購入するので利益が出やすい仕組みになっています。

これに奨励金が追加されるとさらに利益が見込めます。



僕の会社の先輩社員はリーマンショックのときに拠出金額を増やして、現在は株価が取得単価の2倍という人もいました。

このようにドルコスト平均法をうまく使うと利益を大きくすることもできます。

会社が上場すると一攫千金のチャンス

従業員持株会は上場していない会社にもあります。そのような会社は上場するまで株は売ることができませんが、上場した際には大きな利益を得ることも可能です。

上場とは株式を証券取引所に公開することで、自社の株式が取引所内で売買されます。この売買がされることで株の値段は決まるわけです。

非上場企業の持株会は上場するまで株で利益を得ることはできません。しかし、一旦上場してしまうと持株会の株にも価格変動が起こります。

例えば上場前に1000円で自社株を1000株持っていたとします。上場するまでは1000円×1000株で


100万円の価値でしたが、上場したときに初値が2000円になったとします。すると2000円×1000株で100万円の利益を得ることができました。夢がありますよね?


メルカリやLINEが上場したときは社内に億り人が多数生まれるのではないか、という話も出ました。

メルカリでは約380万株を629名の個人株主が持っていたそうで、一人あたり約6000株持っている計算になります。メルカリの初値は5000円だったので、上場した段階で個人株主は平均3000万円の資産を手にしたことになります。

取得単価はわかりませんが、メルカリの公募価格は3000円だったので、その差2000円分は確実に利益でしょう。つまり、1200万円は確実に含み益です。

普通の持株会では得られない大きな利益を掴むチャンスは夢がありますね!

授業員持株会のデメリット

fog

これまでメリットばかりでしたがデメリットももちろんあります。

株を売却するまで時間がかかる

株を好きなときに売れないのはデメリットですね。従業員持株会はどのように売却するかご存知でしょうか?

会社が売却まではしてくれません。従業員持株会は自分の証券口座に移して売却します。

会社ごとに持株会を管理している証券会社があるので、その会社の証券口座を自分名義で開設して、そこに株式を移管します。

ただ、その移管手続きに時間がかかります。お願いしてすぐに自分の口座に移ることはありません。

通常1ヶ月くらいはかかるかと思います。なので、自社株をすぐに売りたくても売れません。

株価が下がり始めたことに気づいても移管手続きがあるので、移している間に株価が売りたい価格より下がってしまうこともあります。

もう一つ売れない理由として、単元が揃うまで株を自分の口座に移せません。単元とは、その株の売買単位です。基本的に株は100株単位でしか売買できません。つまり、持株会で買っている株は100株買うまで売却できないということです。

100株くらいすぐに買えるでしょ!って思うかもしれません。確かに、自分の会社の株価が2000円とかなら20万円貯めれば売れるので、そこまで時間はかかりません。しかし、自分の会社の株価が10000円とか20000円ならどうでしょう?

100株買うのに100万や200万必要になります。

ユニクロやGUで有名なファーストリテイリングの株価なんて最近は70000円間近です。

ファストリ


さすが世界のユニクロですね。恐ろしい株価です。従業員は700万近いお金を拠出しないと株を売れません。いったい売るのはいつになるのでしょうか……。

このように、自社の株価によっては売ることが不可能に近い可能性もあります。

会社が傾くと資産が大きく減る

株価は長期的には業績に連動します。つまり会社の業績が悪かったり、何か不祥事や災害などで会社が傾くと株価も下がります。

従業員持株会の場合、従業員は会社が傾くことで自分の資産も傾くことになるのでその点はリスキーです。ただ、その会社で働いていれば、ある程度会社の先行きはわかると思います。


しかし、業績が悪くなりそうな雰囲気を感じたときは持株会の額を減らしたり、止めたりすることでリスクを低減できます。

これは働いているからこそわかることであり、一般の投資家はわかることではありません。

また、会社が倒産したら持株会の価値は0になります。ただ、倒産なんて上場していれば急に起こることではありません。

上場企業は四半期に1度決算を開示する義務があり、黒字の場合は滅多なことがない限り倒産しません。なので、持株会に入っている人は決算だけは毎回必ず確認しましょう。

自分の資産に直結しますからね。

ただ例外として、東芝の粉飾決算のようなことがあると対応できません。また東京電力の原発事故で株価が大暴落したこともありましたが、そのような場合も対応できません。

そのへんは一般の投資家も同じリスクを背負って投資しているので株式投資という点から避けようのないリスクですね。(粉飾決算は決算書を正しく読めれば見抜けるそうです。)


自分自身の給料と資産の両方を会社に依存しているということだけは頭に入れておいたほうがいいです。

非上場の場合いつまでも売れない可能性がある

非上場企業の持株会のリスクですね。株は上場しないと売れません。メルカリやLINEのように上場することで大きなメリットを得られる可能性もありますが、仮に退職までに上場しなかった場合、給料を会社に寄付しておしまいです。

これは一番悲しいパターンですね。自分の会社が上場する気があるのか、非上場企業の持株会に入る前に必ず確認しましょう。社長や役員、人事に聞けば上場を目指しているのかくらいはわかると思います。

○代目社長みたいに継承されているときは厳しいかもしれませんね。

従業員持株会に入るべき人

最後に従業員持株会に入るべき人のまとめです。

以下の人は入るべきだと僕は思います。

持株会に入るべき人
  • 奨励金が出る(米一番重要)
  • 会社の業績がいい
  • 未上場の場合は上場の可能性がある

逆に以下の人はオススメしません。入ると損する可能性があります。

持株会に入らないほうがいい人
  • 奨励金が出ない
  • 会社の業績が年々悪くなっている
  • 未上場の場合は上場する可能性が低い
  • 株価が高すぎる


どうでしたでしょうか?参考にしていただければ幸いです。

ちなみに僕は会社の持株会に入っています!さらに自分でも株式投資をしています。

将来お金に困りたくないですからね。お金の知識は身につけていて損はありません。

資産形成がんばりましょう!

タイトルとURLをコピーしました