フリーアドレスの会社で働いてわかったデメリットまとめ

フリーアドレス仕事

会社で決まった席がなく、毎日どの席で働いてもいいというフリーアドレスのオフィスは近年導入企業が増えています。外資系IT企業などではよく見る光景ですが、誰もが自由なスタイルで働いています。

僕が今働いている会社もフリーアドレスのオフィスを採用しています。一人ひとりの席を遮る壁はなく、自由な席に座ることができるようになっています。フリーアドレスのオフィスで働いてみて感じたことはいくつかありますが、運用を間違うと良くない結果をもたらすものだと思います。

僕自身が感じたフリーアドレスのメリット、デメリットがありますが、僕の会社ではフリーアドレスの運用を失敗したパターンの会社だと思うので、デメリットのほうが目立っています。

その理由について説明します。もし、新しくフリーアドレスのオフィスを作ろうと考えているのであれば参考になればともいます。

フリーアドレスの目的

そもそも、フリーアドレスの目的は何なのかと言うと、

  • コミュニケーションの活性化
  • オフィスのスペース削減
  • 柔軟な働き方の促進

といった理由があります。他にも導入に際して様々な目的が企業によってはあるかと思います。

コミュニケーションの活性化

フリーアドレスの1番いいところはコミュニケーションの活性化が図れるところです。固定の席に毎日座っていると、自社内でも決まった人としかコミュニケーションをとらなくなります。そうすると、思考がかたよったり、決まった人間関係になりがちです。

しかし、フリーアドレスの場合、毎日自分の周りにいる人は変わりますし、そのような人とのコミュニケーションからこれまで思いつかなかったような発想が得られる可能性もあります。

また、会社が大きい場合、席が固定だと自分の周りの人間しか関わることができませんがフリーアドレスにすることで部署の垣根を超えた交流や新たなビジネスの創出も期待されます。

普段の業務から得られない発想や自分にはない知識のを持った人との関わりは、今後の仕事で大きな力になるかもしれません。

オフィスのスペース削減

オフィスのスペースもフリーアドレスならば削減することが可能です。パーティションなどの区切りもないのでその分スペースも減らすことができますし、フリーアドレスなので自宅で働くことも可能です。

なので、常に社員全員分の席が必要といったこともありません。

オフィスのスペースを削減することでオフィスにかかるコストが削減できます。東京などの首都圏では、自社ビルを持っている会社も少ないです。なので賃貸オフィスが多くなると思いますが、スペースが大きくなると賃料がとても高くなります。

賃料推移
https://www.e-miki.com/market/datacenter/pdf/osaka.pdf

三鬼商事のレポートによると東京のオフィスの賃料もここ数年は上昇傾向にあり、できるだけオフィスの面積は狭いほうが経費削減といった観点でも大切になってきます。

フリーアドレスは自社ビルを持っていない場合はコスト面でも有利に進めることが出来ます。

柔軟な働き方の促進

フリーアドレスはどこで働いても構いません。つまり、働く場所が自宅でも、近所のカフェでも問題ないということです。

近年は働き方改革の推進も各企業行っており、例えば、子供が小さいから自宅で働くことで子供の面倒をいつでも見れるようにするとか、台風や地震が来てなかなかオフィスに行けないときに自宅で働くなどといった、場所を選ばない柔軟な働き方の推進を行うことが出来ます。

以前、台風が関東を直撃し、翌朝に電車が動き出すまで駅に並び続けるサラリーマンたちが報道されていました。駅に並んで電車にたどり着くまで半日近くかかる場合もあったそうです。

その時間を自宅で働ければ、苦痛もありませんし、やるべき仕事も終わらせれたかもしれません。

フリーアドレスを導入して、柔軟な働き方の推進も必要となります。

フリーアドレスで働いて感じたデメリット

僕の会社はフリーアドレスを導入しているのですが、フリーアドレスの目的が曖昧で、デメリットを多く感じます。

フリーアドレスだが席は固定

フリーアドレスはどこでも座ってよいのですが、いつも同じ場所に同じ人が座っているとそこが固定席になります。僕の会社もそういった現象が起きています。毎日同じ場所に同じ人が座り働いています。

なんなら座席表があるので既に席は固定されています。これではただの仕切りが無いオフィスで、基本的に近くの人としか会話しません。席が固定されているので荷物もその席に座る人のものが置いてあるのですが、これでは個人用の荷物入れを席に用意したほうがまだ効率的です。

さらに、周りが区切られていないので話の内容が丸聞こえであり、プライベートな会話なんて小声でしかできません。そのため、コミュニケーションも少なくなっています。心理的安全性が損なわれた環境と言えます。

これではフリーアドレスのメリットを全く活かせていません。

フリーアドレスのメリットを活かすためには席を毎日変える必要はあるでしょう。新たなイノベーションや考え方はこれでは得られません。

後ろからの視線が気になる

人間は背後が死角になるため、壁際や周りが囲まれている空間が落ち着くといいます。これは人間が狩りを行っていたときからの生物としての本能です。

そのため、現代社会でも、座っている後ろを人が通ると落ち着かない事が多いと思います。フリーアドレスを導入するとどうしても人の動きが活発になるのですが、そのせいで後ろ側を通る人が増えて集中力をそがれます。

僕が働く会社のオフィスは机が縦並びなので絶対に人が自分の後ろを通ります。ただ通るだけならいいのですが、パソコンの画面を覗き込まれようものならすごいストレスを感じます。


背後というのは人間の集中力を奪う場所なので、できるだけ壁際に座りたいものです。

会話しづらい

パーティションなどで区切られていないので近くにいる普段会話をしない人と会話することでフリーアドレスではイノベーションが起こるとされています。しかし、僕の働く会社の場合、席が固定で開かれたオフィスなので、何か用事があるときはその人の場所まで行けば話すことができます。

自分の席から離れて話に行くとなると周りの人の目が気になります。なんせ普段あまり話していない人同士が話しているので多少なりとも気になります。

気になった人の話しというのは耳に入るもので、後日、誰々が次のプロジェクトの話をしていただの、どうも炎上しているらしいだの言われるようになります。話していた人以外に自分の会話の内容を覚えられているというのはいい気がしません。


そういったこともあり、会社にいるのに、同じ部署の人間でも最低限の会話しかされません。とてももったいないように思いますが、仕方ないことなのかもしれません。

フリーアドレスでやってはいけないこと

フリーアドレスはとてもいい制度ですが、運用を間違えるとかえって生産性を下げることにもなります。なので、僕の会社で起こっている失敗事例も参考にこれからフリーアドレスを導入する予定の方は検討していただければと思います。



まとめると

  • 席は固定にならないようにする
  • 各自の荷物は整理して誰でも座れるようにする
  • 机のレイアウトは周りが気にならないように工夫する
  • 会話が筒抜けにならないようにある程度の区切りは設ける

といった工夫は必要かと思います。

僕の会社ももう少し工夫してほしいところです。

ちなみに、僕は集中したいときは家かどこか個室を見つけて今は逃げ込んでいます。

タイトルとURLをコピーしました