楽天ペイ使ってみた感想。楽天ユーザが使うべき理由

楽天ペイお金の話

キャッシュレス決済の1つである楽天ペイですが、みなさん使っていますか?

楽天ペイはQRコード決済なのですが、最近は使えるお店も多くなってきました。

僕は最近コンビニの支払とか、QR決済に対応しているお店では楽天ペイを使うようにしています。

なぜならポイントが貯まるから!

むしろ、それしか使う理由がないですね。キャッシュレス還元があるので、さらに数パーセント割引があるのもいいところです。

楽天ペイで支払うと、楽天カードのポイント楽天ペイのポイント、そして、キャッシュレス還元のポイントが付くのでかなりお得にお買い物が出来ます。

楽天Payの使い方

まず楽天ペイの使い方ですが、楽天ペイのアプリをダウンロードします。

初期設定はポップアップされる手順のとおりに進めれば大丈夫です。

クレジットカードの登録が必要ですが、楽天カード一択ですね!

楽天ペイを使うのに楽天カードを登録ししないのは意味がわかりません。楽天カードを持ってない人はまず楽天カードを作るところから始めましょう。

楽天カードの登録は、IDとパスワードだけで終わります。楽天系のサービスは連携がすごく簡単なので助かります。

実際に使ってみた

というわけで実際に使ってみました。

昼休みにお昼ご飯を食べたところが使えたので実践。

最初開いた時にバーコードとQR両方出てきて「どっちの決済使うんだ??」といきなり疑問。

楽天ペイ画面
引用:楽天ペイ公式https://pay.rakuten.co.jp/guide/

両方出てるからどっちできても大丈夫か…….。なんて思いながらレジへ。

「楽天ペイでお願いします。」と言うと店員さんもなれているのか、決済のタブレットが出され、そこにはQRコードが!

あれ? スマホに出てるQRって使わないの?

なんていう疑問はさておき決済せねば、というわけで急いで決済方法を探しました。

「QR読み取り」ってボタンが普通にあったのでそこからカメラを起動し、出されたQRを読み取ります。

支払うスライドバーが出てきたので横にスライドすると決済が完了しました。

自分のスマホで横スライドしただけなのに、店のレジで決済が完了しているってなんか不思議な気分です。

初QR決済は無事に完了しました。

今回は自分でQRを読み取って決済しましたが、表示されたバーコードやQRをお店側に読み取ってもらうパターンもあるようです。

お店側の機械によるらしいので決済するまでは判別できません。


ちなみに、コンビニで楽天ペイを使うときは自分のスマホのバーコードを見せると、店員さんがスキャンしてくれます。

飲食店の決済とかでやると便利そう

キャッシュレス決済って正直、レジでの利用だけだとあまり普及しないと思うんですよね。なんだかんだで日本人って現金好きですし。

なのでレジ以外での決済で使用できると普及するのではないでしょうか。

たとえば、タッチパネルで注文する飲食店とかだと決済を自分の席で行えて、レジに行かずにそのまま外に出れるとか。

レジのオペレーションが減るのって今の人手不足の中で大きいと思います。

僕はバイトしてた頃に作業中レジに人が並びだすと自分の作業が進まなくてイライラしてました。

そういうのなくなるといいと思います。スーパーとかのセルフレジと違って商品のスキャンもないですから煩わしさもなさそうです。

食い逃げと見分けがつきにくいのが難点ですが。

ただ、現状ではキャッシュバックという手段でしか広めることが出来ていない気がします。まず、普及率を高める段階としては成功しているとは思いますが、キャッシュバックなしで広く使われるには、レジ以外での利用場面が必要な気がします。

そういえばpaypayがオフィスグリコに搭載されてました。

オフィスグリコっというのはお菓子が置いてあって、自分でお金を入れて自由にお菓子を1個持っていっていいというものです。

100円がないと買えないので、現金がないときは困りモノだったのですが、paypayに対応したことで100円がなくても買うことが可能になりました。

オフィスグリコに目を付けるとはやるなぁ、と思います。

会社の中で誰かが使用していたら少しは話題になる可能性もありますからね。新規ユーザの獲得にも繋がりそうです。これがマーケティングか……。

楽天ペイのポイントについて

ポイント

楽天ペイを利用するとポイントがクレジットとは別に付きます。

ポイントは200円使うごとに1ポイント貯まるので、例えば1000円の買い物をした場合、楽天ペイで支払うと楽天ペイで5ポイント、楽天カードで10ポイントの合計15ポイント付与される計算になります。

楽天ポイントカードが使えるお店ならさらに10ポイント付けることが出来るので、合計25ポイントポイントが付与されることになります。

楽天ポイントは1ポイント1円なので、1000円の買い物が実質975円になります。つまり2.5%引きです。キャンペーンでポイント付与が多くなることもあるので楽天ユーザーは使わないと損ということがわかります。

楽天ペイが使えるお店はとりあえず楽天ペイで支払うのがよさそうです。

使い勝手は楽天ペイよりFeliCaの方に軍配

僕は普段Apple Payかクレジットで決済しています。Apple Payに楽天カードを登録しているので、コンビニはApple Payで、対応していないところはカードで、という形で使い分けていました。

ただ、楽天ペイを使うと、カードのポイントにプラスして200円ごとに1ポイント付きます。なので楽天カードユーザはカード払いより、楽天ペイの方が還元率が高いということになります。

今回、キャッシュレス還元やポイント付与など特典が多かったので楽天ペイを使うことにしましたが、使い勝手という面ではApple PayなどのFeliCa決済のほうが良かったです。Apple Payの場合はスマホのボタンを押すだけで起動できるので画面を開く必要もアプリを立ち上げる必要もありません。

しかし、楽天ペイの場合はスマホを開いてアプリを立ち上げてそこから操作が開始なので、やはり少し煩わしいです。

ただ、Apple Payの場合はスマホに登録した時点でiDかQUICPayのどちらかのブランドが自動で設定されます。これはカード会社によるらしいのですが、iD払いだけのお店はQUICPayが自動設定された場合使えません。しかし、楽天ペイが使える場合はそちらで代用することも可能になります。

つまり、今までスマホで決済できなかった店でも決済できるようになる可能性があるということです。これは地味に嬉しいです。

選択肢が純粋に増えたのでいざというときスマホだけでも買い物が出来る可能性が増えたということです。

決済手段は多い方がいい

イラスト

今回、楽天ペイを使用してみて思ったことは、決済手段が多い方が状況に応じて対応できるということです。やはりキャッシュレス決済は使い慣れると便利です。財布を持ち歩かなくてもいいですし、小銭で財布が膨らむこともありません。

明細で使用した金額もわかります。なので、僕はできる限りスマホで完結させたいのです。

そういったときに、QR決済のアプリもいれておけば手段の一つとして使えるかもしれませんね。選択肢が多くても困りませんし、1回は使ってみてはいかがでしょうか。

タイトルとURLをコピーしました