【Jabra Elite Active 65t】使ってみたレビュー!普段使いからトレーニングまで使える有能イヤホン

jabra-elite-active-65tレビューガジェット

以前使っていたイヤホンを洗濯機に入れてしまいご臨終しました……。

使っていたのは3,000円くらいの安物で、いい機会なのでいいイヤホンを買ってみようと思い、ヨドバシを散策していました。

そこで見つけて買ったのがJabra Elite Active 65tです!

jabraEliteActive65tの箱

しっかりした箱してやがるぜ……。

2万円ほどするイヤホンなので、かなり迷いましたが、1回くらいはいいイヤホンを使ってみるのもありかなと思い、買ってみました。

音が微妙だったり使い勝手が悪かったらどうしようかと思いましたが、使ってみた感想としては音も僕の好みですし、防水機能はもちろんのこと、遅延も少ないので通勤やランニングともに愛用しています!

そんなわけで、使ってみたレビューを書いていこいうと思います!

Jabra Elite Active 65tを買う決め手

通勤とスポーツの両方で使えるイヤホンを探していましたが、そんなときに見つけたのがJabra Elite Active 65tでした。

通勤電車で気になる音をカットするノイズキャンセリング機能。

ランニングやトレーニング中に汗をかくのですが、それに対応するための防水機能。

そして何よりも音質がいいときました。これは買うしかないですね!

いろいろ悩んだのですが、Jabra Elite Active 65tが一番機能性も高く、僕のライフスタイルにあうイヤホンだと思いました。


僕みたいにランニングで使ったり、普段の通勤で使うような人で音質にもこだわりがある人には使ってほしいイヤホンです。

Jabra Elite Active 65tのスペック

では、Jabra Elite Active 65tのスペックです。

機能内容
連続使用可能時間5時間(ケース充電2回:15時間)
Bluetooth5.0
重量右:6.5g 左:5.8g 充電ケース:67g
防水/防塵IP56
カラーカッパーブルー/カッパーブラック/チタンブラック/カッパーレッド

バッテリーの持ちはイヤホン単体で5時間と非常に長持ちです。

さらに、ケースに入れることで充電が出来るのですが、ケースも充電機能が備わっており、合計すると15時間は利用できることに。

普段の通勤やトレーニングで使っているのですが、体感で充電は週1回位で大丈夫です。

かなり長持ちするので、充電でストレスを感じることはありませんでした。


バッテリーケースのサイズはこんな感じです。

Jabra Elite Active 65tのケース

15時間耐えるバッテリーなのにサイズはかなりコンパクトで手の中に収まります。

ポケットにも十分入るサイズですね!


以前使っていたイヤホンは完全ワイヤレスではなくケーブル付きのBluetoothイヤホンだったので、どうしても1日充電し忘れると次の日の通勤途中で電池が切れることがりました。

しかし、Elite Active 65tは最大15時間充電無しで使用できるので、1日3時間使っても充電無しで5日使える計算になります。

通勤、通学で使用する方は休みまで充電しなくても大丈夫です!

Bluetooth5.0で遅延も少ない

Jabra Elite Active 65tのBluetoothの規格はBluetooth5.0となっています。

Bluetooth5.0はデータの転送速度が高速で2Mbpsのデータ転送速度を誇ります。

データが高速で通信されるので、動画などを見ても遅延はかなり少なくなっています。

また、Bluetooth5.0の通信可能距離は理論最大値で400mとなっており、長距離での通信も可能となりました。

スマホを音源とするなら、かなり遠くに置いていても音楽を聞くことが出来ますね。

もちろん、理論最大値なので、実際はそこまで離れると音が聞こえませんが、かなり遠くまで離れていても通信が可能です。

実際にジムでスマホをロッカーの棚に置いて音楽を聴きながらトレーニングをしてみましたが、余裕で聴くことが出来ました。

かなりの距離が離れていても使えます。

安心の防水機能

防水/防塵仕様もIP56対応です!

これは強い雨や水流にさらされても故障しない水準です。なので、イヤホンをしている最中に大雨にさらされても大丈夫です。

僕はジムでトレーニングやランニングをすることが多いのですが、そのときに滝にような汗をかいたとしても故障しないので安心して使うことが出来ています。


普通に使う分には水没が原因で壊れることはなさそうです。

ただ、防水でも洗濯機には耐えれないのでこの前の惨劇は起こさないように気をつけないと…..。

ポケットの中の確認は必須ですね。

カラーバリエーション

カラーバリエージョンは4色です。

jabraEliteActive65t_colorS


僕はJabraの文字がシルバーのものを買いました。文字が金色のカッパーブラックも気になったのですが、少し渋いかなと思いシルバーです。

4色展開なので好きなカラーを選べるのもいいところですね。

実際に使用してみて

Jabra Elite Active 65tを実際に使ってみた感想です。

スマホとの接続が早い

実際に使ってみて最初に思ったことは接続が早い!

ケースから取り出すと接続を開始するのですが、出したらすぐに僕のスマホと接続されました。

以前使っていたBluetoothイヤホンは電源を長押で入れないと端末と繋がらない仕様だったので、繋げるまでに3秒位かかっていました。

しかし、Elite Active 65tならケースから出した途端に接続できるのですぐに使い始めることが出来て、ストレスフリーです。

電源を入れるというそもそもの煩わしさもないので完全ワイヤレスイヤホンの強みだと思います。

これだけで完全ワイヤレスイヤホンを買った意味を感じられます。

物理ボタンが多機能

物理ボタンが多機能です。

完全ワイヤレスイヤホンなのですが、イヤホンに付いた物理ボタンでできる操作が多いのでいちいち端末を取り出さないでも複数の操作が可能です。

まず右耳のイヤホンですが、こちら側で出来ることは、音楽の再生、停止、通話の応答、終了、通話の拒否、音声アシスタント(Siri、Google Nowなど)HearThroughの操作が可能です。(HearThroughは後ほどご説明します。)

そして左側ですが、こちらは音量のアップ、ダウン、曲スキップ、バッテリー残量の確認ができます。

基本的に音楽の操作はイヤホンを触るだけで出来るので、いちいちポケットやカバンからスマホなどのオーディオ機器を取り出す必要はありません。

音量を変更できるのは便利ですね。

周りの音によっては音量を上げたり下げたりしたいときってあると思いますが、左側のイヤホンを触るだけで出来るので簡単です。

僕はApple Watchを利用しているので、音楽の操作に対する選択肢が増えました。

とにかく物理ボタンで多くの操作ができるので利便性は高いですね!

HearThrough

先程物理ボタンの説明でも書きましたが、HearThroughという外音取り込み機能も搭載されています。

Elite Active 65tはカナル型のイヤホンなので、周りの音も聞きづらくなります。

ランニングなどで周りの音が聞こえづらいと危ないときってありますよね。

他にも電車で今どの駅なのかアナウンスを聞きたいときにイヤホンを外すのも面倒です。

そんなときに役立つのがHearThroughという機能です。これはイヤホンに付いているマイクから外の音を拾って再生することで周りの音を聞き取る機能です。

音楽を聞きながら外の音を聞くときにはこの機能をオンにすることで聞くことが出来るようになります。


ただ、イヤホンのマイクから音を拾っているので音質はあまり良くないです。

一時的に外の音を聴くために使うには問題ないとは思います。

専用アプリでイヤホンの管理が可能

専用アプリをスマホにインストールすることでイヤホンの設定の変更など、管理が可能です。

jabraSoundのアプリ画面

イコライザーの変更やHearThroughのオンオフ、またその他細かい設定ができます。

接続が途絶えた最終地点も位置情報として検索が可能です。これ地味に嬉しいですね。落としても最終的にどこまでイヤホンを使用していたのか確認することができます。(※最終地点なのでリアルタイムで位置計測はできません。)

また、状況によってどの設定パターンを使用するのか決めることも出来るので電車や家の中での設定を変えることも可能です。

アプリを使うことでElite Active 65tの力をさらに引き出すことができます。

気になった点

これまではいいところだけでしたが、最後に気になった点を書いていきます。

それは、一定距離左右のイヤホンが離れると音楽再生が止まる、というところ。

なぜこういう仕様なのかわかりませんが、片耳のイヤホンを外して少し離すと音が止まります。耳が痒いときに少し外すだけでも止まります。

地味に気になる点ですね。誰かと片耳をシェアすることはできなわけです。

この仕様にはどういった意味が込められているのか……。

ちなみに、片耳だけで聞くことはできないのか?

と疑問がわきますが、できます。ただし右側だけですが。


左のイヤホンをケースに戻してやることで右耳だけでの利用は可能です。

なぜ右だけなのか、たぶんイヤホンの受信の仕様的な問題でしょう。仕方がありません。AirPodsはどちらか片方だけでも聞けるので、その点はAirPodsに軍配が上がります。

スポーツだけじゃなく普段使いでもオススメ!

スポーツ用に買ったイヤホンですが、普段使いとしても十分に利用できます!

多機能ですし、音も高音域がしっかり出ているので結構お気に入りのイヤホンです。スポーツをされる方はもちろん、通勤などで利用される方にも使い勝手がいいイヤホンではないでしょうか。

タイトルとURLをコピーしました