「みんなで筋肉体操」全種目まとめ!シュールだけど超キツイ自宅トレーニング!

腕立てトレーニング

2018年の8月頃のこと、NHKが「みんなで筋肉体操」という番組を放送しました。YouTubeにも載せられていて、いっとき話題になりました。

特に筋肉隆々のタンクトップの男性3人が腕立て伏せや腹筋など黙々とするシュールな絵と、独特の掛け声が話題になりました。ただ、見た目はシュールですが、やってみると本当にキツイです。なめてかかって後悔しました。ジムでベンチプレスなどのトレーニングをするのと変わらないような辛さです。

何より、掛け声がすごい意識高いです。残り5秒になったときに「あと5秒しかできません!」と厳しい掛け声で応援してくれます。なんとしても残りの5秒で追い込ませようとしてきます。ただ、それが筋トレでは大切なんですけどね。

2018年に第1段が公開されましたが、現在は第3段まであるようです。1種類だけでは自宅でのトレーニングに物足りないように感じていましたが、今は3種類あるので十分自宅でもバリエーションのあるトレーニングができそうです。ジムに行かずとも、自重トレーニングで理想的な体を手に入れられると思います。

そんな筋肉体操をまとめてみました。

※2020年4月よりYouTubeでは非公開となったので、NHKのホームページで御覧ください。
>>NHK 筋肉体操

腕立て伏せ

筋肉体操の中で1番キツイ種目だと思います。始めにゆっくりとした腕立て伏せで追い込み、そこからスピード感のある腕立て伏せで追い込みます。最初膝をつかずにできませんでした。

正直、1種目で限界です。これだけで十分やり切った感がありました。2種目目の説明も休憩時間にあるので、ホントに休ませてくれません。

腹筋

腹筋は回数をこなすことが重要と思う人もいるかも知れませんが、筋肉体操は回数を少なく追い込むスタイルです。腹筋のポイントはできるだけ腹筋を「収縮」させること。体を上げた時に腹筋にキューッと力を入れる感じです。そして、下ろすときは頭を付けず、休まずにやりきることが重要になります。

腕立てよりは優しいですが、やっぱキツイですね。これまでの回数で追い込むという考えを改めました。

背筋

背筋もゆっくり持ち上げる動作になります。学生の頃は部活でもやってましたが、スピードを出して適当な感じでやってたので背筋って楽勝だなぁ。なんて思ってましたが、筋肉体操の背筋はゆっくり高く上げるのでメチャクチャしんどいです。背筋に効いているのがわかります。

スクワット

最後にスクワットです。スクワットなんて自重なら楽勝なんじゃないか。始める前は僕もそう思っていました。ただ、やはり期待を裏切ってきました。キツイです。15秒間伸ばしきらずに行うスクワットというのはなかなか来るものがあります。太ももが熱くなりました。

通常のスクワット以外にも足のトレーニングがあるので十分に追い込めました。足を鍛えるとエネルギー消費も大きいのでダイエットにもいいかもしれませんね。

筋トレ初心者がフォームを学ぶために参考になる

筋肉体操はとてもシュールな絵ですが、筋トレ初心者が腕立て、腹筋、背筋、スクワットといった基本的なトレーニングのフォームを正しく覚えるためには役立つ動画だと思います。

また、負荷の調整方法もあるので、まだ筋トレ初心者でついていけない!って人でも出来るようになっており、少しづつトレーニングをしていくにはいいのではないでしょうか。何より、道具なしに追い込めるので誰でもできます。

筋トレはやろうと思った1秒後にはできます。頑張りましょう!




運動したらタンパク質の補給は忘れずに。

タイトルとURLをコピーしました