バイクにETCは必要なのか?メリットと不要な人について解説!

バイク 趣味

バイクにETCって付けていますか?
車だと1万円位で付けることが出来るのですが、バイクは普通につければ工賃など込で3万以上かかると思います。

え、高い……。

付けるときに誰しも思うのではないでしょうか。

高速に乗るための装備にこんなに初期費用がかかるなんて。

バイクのETCが高い理由は色々ありますが、大きく3点ですかね。

  • 車と違い振動をもろに受けるので頑丈にする必要がある
  • 露出している箇所の防水対策
  • そもそも流通量が少ない

といった理由があります。
そんなわけで高価なETCですが、こんなに高いなら付けなくてもよくない?

なんて思う人もいるかと思います。

そこで、実際にバイクにETCを付けるメリットと不要な人について解説していきます!

バイクにETCを付けるメリット

料金所で止まらなくていい

これはETCを付ける最大の理由ですね。

高速道路や有料道路の料金所で止まる必要がありません。
いちいち停車して、グローブを外し、財布を取り出し、料金を払うという手間が省けます。

車だと簡単に財布を出してお金を払うことが出来ますが、バイクの場合はそう簡単にお金を出せませんし、小銭を落とそうものなら相当に面倒くさいです。
もたもたしているときに、後ろに車が並んでいたら視線に耐えられなくなりそうです。


しかし、ETCをつければこれらの問題は全部解決です!

料金所は減速するだけで入れますし、出るときも減速するだけで出れます。土日などの高速道路が混むときは、一般の料金所が渋滞で、ETCレーンはスカスカなんていう悲しい事態になることもしばしばあります。

ツーリングするときに自分だけETCが付いていなくて仲間を待たせることになるとなんとも気まずいですね。

やはりバイクでも料金所で止まらなくていいのは大きなメリットです。

ETC割引がある

ETCは高速料金で優遇されます。

料金所での渋滞緩和や交通量の緩和など、いくつか目的がありますが、ETCを付けている車両はバイク、車ともに割引を受けることが出来ます。

高速道路を使う頻度が高い人は割引金額だけでETC取付費用の元が取れます!

これは誰が見ても付けないと損ですね!

割引にはいくつか種類があります。

  • 平日朝夕割引(平日朝:6時~9時 夕:17時~20時)
  • 休日割引(土日祝30%割引)
  • 深夜割引(毎日0時~4時 30%割引)
  • その他(ETC2.0割引、アクアライン割引等)


割引にも色々あるんですね!うまく使いこなせば安く高速道路を利用できます。

どれだけ安くなるかも出してみました。

通常料金ETC料金距離
羽田ー関西国際空港12,9109,020539km

羽田ー関空間という極端な例ですが、500km走って4000円弱程度でしょうか。

4000円も変わると大きな差ですね。ちなみに、四国のしまなみ海道や明石海峡大橋をバイクで渡る際は、1時間少しのドライブですが、ETCがついていないだけで2000円以上の差が出ます。

そういったETCが極端に安い道もあるので、ETCを付けておいたほうがお得なことがわかりますね。

ETC搭載車しか降りられない料金所がある

料金所にはETC搭載車しか降りることができない場所がいくつか存在します。

特に田舎の人があまりいないようなところだと見つかることが多いですね。ゲートが1つだけの料金所でETCを搭載していないと乗ることも降りることもできません。

利用頻度が少ない場所だとそのようなことにもなってしまうんですね。


ツーリングなどでそのような場所に行くこともあるかと思います。そんなときに一つ手前や奥の料金所まで向かうとなるとかなり手間ですよね。下道で何十キロも戻るのはそれなりに時間がかかります。

そういった場所に行くときはETCは必須となります。

ETCが不要な人は?

ETCのメリットはいくつかありますが、それでも気になるのは値段ではないでしょうか。
バイクにETCを積むので付ける場所も考えないといけません。

「数万円なんて気にしないぜ!」って人は是非とも付けるべきですが、街乗りメインであまり高速を使わないのにETCを付けるのもなぁ、という人は利用頻度によって付けるかどうか考えたほうがいいです。


まず大前提として、ETC割があるので利用頻度が多い人は付けないと金銭的にも損です。
しかし、2,3ヶ月に1回しか高速に乗らないという人はETCを付けても割引で元を取るのは困難です。

なんせ500km走って4000円ほどですからね。

3万円かかったとすると4000kmほど走らないといけません。4000kmを高速で走る人はそもそも街乗りメインの人ではないと考えられるので、街乗り中心の人はあまりETCは必要ないのではないでしょうか。

ETCは自分がどのような乗り方をするのかで付けるのか付けないのか考えるべきですね。

ETCなしで高速にスムーズに入るには

それでもたまには高速道路に乗ることもあると思います。少し遠出するときなんかは高速を使うでしょう。

でもいちいち料金所で停止して、手袋を外して、財布を取り出し、お釣りをもらって財布を片付け走り出すというのはかなり手間です。

そんな手間を解消する方法は1つです。クレジットカードを使いましょう!

高速道路の料金所はクレジットカードに対応しています。つまり、入場券とクレジットカードを上着のポケットにでも仕込んでおけば、降りるときは入場券とクレジットカードを渡すだけで精算完了です。

手袋を外さなくても大丈夫ですし、財布を出す手間もありません。15秒くらいで精算が終わります。

これかなりオススメなので、ETCを付けたくない方はぜひお試しください。

まとめ

基本的にETCは付けたほうが便利ですし、高速道路をよく使う方は付けたほうが金銭的にもお得です。

バイクにETCを付けるメリットをまとめると

  • 料金所で停止しなくてもいい
  • ETC割引がある
  • ETC搭載車しか通れない料金所を通過できる

といったメリットがあります。

不要な人は高速道路に年に数回しかのらない街乗りメインの人になるかと思います。そういった人はポケットにクレジットカードを仕込んでおきましょう!


もちろん、お金を気にしないのであれば付けていて損はない代物だというのは確かです。

お金を気にしない人はとりあえず付けておけば大丈夫です!



ブログ村に参加してます。
ブログランキング・にほんブログ村へ
タイトルとURLをコピーしました