マイナポイント事業というポイントが貰える制度が始まるそうです

マイナポイント事業とはお金の話

キャッシュレス還元事業が2020年6月末に終了することをご存知ですか?

クレジットやQR決済で会計を支払うと会計金額の2%か5%が還元がされる、乗っかるしかない事業でした。

僕は普段から何でもカードやQR決済で払うようにしていたので、普通に生活してるだけで還元されてなんかお得な気分でした。

そんなお得なキャッシュレス還元事業も終わりを迎え、次の政府の景気対策はマイナポイント事業というものらしいです。

マイナンバーカードを登録するだけでポイントが貰えるまたしてもお得な事業なので参加するしかないですね!

マイナポイント事業とは

そもそも「マイナポイント事業」とはなんなのか。

「マイナンバーカードがあればポイントが貰えるよ!」

なんていきなり言われても困りますよね。どうやったら貰えるのか、条件もルールもよくわからないです。

順番に見ていきます。

マイナポイント事業の概要

まず、マイナポイント事業の概要です。

マイナポイント事業は、マイナポイントの活用により、消費の活性化、マイナンバーカードの普及促進、官民キャッシュレス決済基盤の構築を目的とする事業です。

総務省 マイナポイント事務局


マイナポイントは総務省が推し進める事業で、マイナンバーカードの普及やキャッシュレスの普及を行うための事業です。

個人の番号であるマイナンバーには抵抗がある人も多いかと思います。

個人情報を紐付ける割にそこまで便利な恩恵もなかったことが普及率の低下にも繋がっているのではないでしょうか。

2020年4月1日時点で普及率は16%程度だとか。まだまだ普及率は低いままですね。



ちなみに、僕はそんなマイナンバーカードを持っています。

あると地味に便利ですよ。

コロナの影響でマイナンバーも見直されるようになりました。そこにマイナポイント事業が重なり、新たにマイナンバーカードを申し込む人は増えるのではないでしょうか。

なんせ、持っていればポイントが貰えるのだから。


タダで貰えるなら貰っておいたほうが得ですよね。

マイナポイントとは

そもそもマイナポイントってなんなの?

という話になりますよね。

マイナポイントとはマイナンバーカードと紐付けたクレジットカードやQR決済などで支払うことで貰えるポイントです。

マイナポイントと言いつつも、貰えるポイントはカード決済した会社やQR決済をした会社のポイントととして付与されるようです。


つまり、マイナンバーカードを登録したクレジットで払えばそのカードのポイントが貰える制度ですね。

楽天カードを登録して楽天カードで払えば、マイナポイントが楽天スーパーポイントが貰えるという仕組みです。

文字にするとややこしいですね。

利用者からしたらただの楽天スーパーポイントです。マイナポイントとはいったい……。

とりあえず自分の普段使っている決済会社のポイントが貰えると思っておけば大丈夫そうですね。

マイナポイント事業の期間

マイナポイント事業も還元される期間があります。

マイナポイント事態の施策は2020年9月から2021年3月末までとなっています。半年間の事業なので、あっという間に終わってしまいそうです。

早めにマイナンバーカードだけ準備しておきたいところです。

マイナポイントの入手方法

マイナポイントの入手方法についてです。手順はこのようになっています。

  1. マイナンバーカードの入手
  2. マイキーIDをの設定
  3. キャッシュレス決済サービスの設定
  4. 選択したキャッシュレス決済サービスの利用


マイナンバーカードをすでに持っている人は2番からですね。

マイナンバーカードの入手

まずはマイナンバーカードを作りましょう。

マイナンバーカードがないと何も始まりませんからね。マイナンバーが書かれた紙を持っている人がいると思いますが、紙ではマイナポイントはもらえません。

マイナンバーカードはスマホでも申請出来るので、申し込むだけなら簡単です。

写真も自撮りで大丈夫です。僕は自撮りの写真で申請しましたが、しっかりとマイナンバーカードの顔写真に印刷されていました。

誰かに撮ってもらえるならスマホでいいので撮ってもらうことをおすすめします。


ちなみに、スマホで申し込んでもマイナンバーカードの受け取りは市役所です。

ここまでオンラインでなぜ最後は郵送じゃないんだ……。

マイキーIDをの設定

マイキーIDはマイナンバーカードのICチップの中の電子証明書を利用してウェブ上で登録されるIDです。

マイナンバーとはまた違ったIDということです。

いろいろ番号があってややこしいですね。全部マイナンバーでいいような気もしますが、そういうわけにも行かないようです。

この番号を使ってマイナンバーカードとキャッシュレス決済を紐付けます。


マイナポイントのアプリをダウンロードしてスマホをかざすと設定が出来るので簡単です。読み取れない端末もあるようですが、僕のiPhoneは読み取り出来ました。

マイナンバーカードの読み取り

こんな感じでかざすだけです。簡単ですね。

マイキーIDは一度設定すると、もう確認する手段がないのでスクリーンショットを取ることが必須です。

気をつけましょう。

キャッシュレス決済サービスの設定

マイキーIDが準備できたらキャッシュレス決済サービスと紐付けます。

紐付けは7月からなので続報を待ちましょう。

選択したキャッシュレス決済サービスの利用

登録したら、登録したキャッシュレスサービスで決済します。ただそれだけで登録したキャッシュレスサービスのポイントが貰えるようになります。

ポイント付与は、購入かチャージ金額の25%、最大5000ポイントまでとなります。

つまり、2万円以上使えば上限の5000ポイントが貰えるということですね。

すぐに上限に到達してしまいそうです。


期間は半年なので、半年で2万円の買い物をしない人はいないと思います。

とりあえず登録して普段の生活でキャッシュレス決済をすれば5000ポイントは確実ではないでしょうか。

僕のクレジットカードの明細が2万円を切ったことはここ最近はないので1ヶ月で達成できそうです。

1ヶ月で上限に達するとなんか味気ないですね。

マイナポイントの注意点

マイナポイント事業の注意点としては1度設定したキャッシュレスサービス事業者の変更が出来ないことです。

普段使わないカードで設定してしまうと、ポイントを貰うために2万円分使わないといけなくなります。

不便なことこの上ないので、メインで使っているカードを登録したいところです。


また、マイナンバーカードのパスワードは間違え続けるとロックが掛かります。

ウェブサービスとかなら電話やメールでロックを解除できますが、マイナンバーカードのパスワードロックは市役所に行かないと解除できません。

面倒くさいことこの上ないので間違えないように気をつけてください。

貰えるものは貰っとこう!

マイナポイント事業はまだ始まっていませんが、タダで5000円が貰えるような事業です。

マイナンバーカードを持っている人はとりあえず申し込み必須ですね。

マイナンバーカードを持っていない人は5000円欲しさに申し込むかはわかりませんが、あまり抵抗がない人はこれを気にマイナンバーカードを作るのもありかもしれませんね。

とりあえず、貰えるものは貰っておきましょう!

タイトルとURLをコピーしました