【PSYCHO-PASS3】3話感想!多数の伏線と謎多き主人公2人の人間関係

PSYCHO-PASS3 アニメ/漫画

PSYCHO-PASS3 第3話「ヘラクレスとセイレーン」

前回に続き東京都知事選の捜査の続きです。今回は廿六木の家族関係、主人公二人の過去、常守朱が幽閉されている原因、ビフロストの構成員の登場など多くの人物について語られました。3話が終わった時点で未だに謎だらけですが、どういった結末を迎えるのでしょうか。

それにしても、3期はドミネーターの出番がほとんどありません。少し物足りないような気もしますが、キャラクターそれぞれの人間模様が描かれており、1期や2期とは違った面白さです。


というわけで3話の感想をネタバレ込みで書いていきます。


過去話記事

廿六木執行官の家族関係

今回は執行官の一人である廿六木天馬の父親と兄が登場しました。廿六木の一族は政治家で薬師寺陣営に関わりがあるようですが、廿六木天馬一人だけが潜在犯となり、一族の恥晒しという扱いを受けています。

廿六木天馬は、エリートとして生まれるために遺伝子編集まで行って生まれてきたようです。シビュラの判定も最高だったのですが、母とともに潜在犯となってしまいました。母は自責の念から自らの命を絶ってしまいました。

エリート家系の複雑な人間関係ですね。政治家家系の長男が執行官となってしまったのに、一族が手を貸す政治家の捜査に今度はやってくるという天馬にとっては居心地が悪い現場でしょう。

そんな天馬が捜査で薬師寺陣営を訪れたときに弟から「惨めな義母そっくりだ。劣等遺伝子を受け継いだお前は兄でもなんでもない。」と罵倒された時に感情的になったイグナトフ監視官は天馬の弟を殴ってしまいます。自分が帰化日本人であることから遺伝子や見た目に関する差別には敏感なのかもしれません。

もちろん、一般人を殴ったのでイグナトフ監視官は停職処分となりました。

ビフロストとインスペクター

今回も物語の途中で出てくるビフロストですが、今回はファーストインスペクター、セカンドインスペクターという謎の役割が出てきました。インスペクターは日本語にすると監視員となります。

ビフロストは謎のゲームのようなものを行っているので、そのゲームの監視員ということでしょうか。ファーストインスペクターの梓澤とセカンドインスペクターの榎宮が登場しました。榎宮は廃棄区画のボスのような存在です。

廃棄区間というのは3期で初めて登場しました。表向きは復興が困難で放置された地域ということになっているそうですが、実際は複雑な犯罪を行う犯人や関係者を一箇所に集めることで監視をしやすくしているそうです。

そんな裏社会のボスである榎宮はビフロストの誰かの指示で薬師寺の秘書を殺害しました。榎宮いわく、「コングレスマンの誰かがこの私をプランに入れた。」ということですが、この言葉の意味は現段階ではわかりません。一体プランとは何なのか。気にはなりますが全く意味がわかりませんね。

ビフロストの3人は一体いつになったら表に出てくるのでしょうか。

主人公2人の関係

伏線のような形で主人公2人の過去が一部語られました。雛川の調べで慎導灼と炯・ミハイル・イグナトフの経歴が明らかになりました。

慎導灼の母親は重病で自殺、父親は厚生省官僚のトップでしたが自殺しており、現在は一人身のようです。父親の自殺の理由は開示されていませんでした。また、推薦者が常守朱となっており、何か常守朱が幽閉されていることに関係があるのでしょうか。

プロフィール1


炯・ミハイル・イグナトフはモスクワの軍隊に所属していいましたが、帰化して公安局に入ったようです。兄もいたようですが2年前に殺害されています。


この2人ですが、イグナトフの兄を殺害した容疑者が灼の父となっており、なぜ家族を殺されたイグナトフが容疑者の息子である灼と一緒にいるのかわかりません。2人の経歴を見ると2118年に2人とも大学を休学しており、その間に何かあったのかもしれません。

この点については今後語られるのでしょう。

このプロフィールを執行官たちが閲覧しているときに常守朱という名前に対して廿六木から「人殺しの元監視官じゃねぇか。」というセリフがありました。

朱はどうやら殺人を犯して幽閉されているようです。自ら幽閉される道を選んだのではなさそうです。ただ、殺人を犯しても幽閉されるだけで済んでいるということはサイコパスはクリアなのでしょか。1期、2期ともに朱のサイコパスは全く濁りませんでした。免罪体質なのか、何かしらの理由があるのか。

語られるのを待ちましょう。

多くの伏線は回収されるのか

3話になってもわからないことだらけです。少しづつ小出しにされる情報ですが、全てが繋がるときは来るのでしょうか。来週を待ちましょう。

それにしても、今回初登場のイグナトフの嫁はどうも死にそうな予感が……。

1期では朱のおばあちゃんが死んでしまいましたからね……。
イグナトフの嫁はどうなってしまうのか。


また、最後に六合塚がフリージャーナリストとして出てきたのには驚きました。執行官って社会復帰できるんですね。執行官もサイコパスはがクリアになれば外に出れるようです。これで1期、2期で出てきたキャラクターの行方が全てわかりました。六合塚はどこにいったのかわかっていませんでしたが、3話の最後にようやく登場です。


果たして、六合塚はどのような役割をもつのでしょうか。4話を待ちます。

タイトルとURLをコピーしました