楽天モバイルでテザリングして固定回線の代わりにしてみた。これが無料はお得過ぎる

楽天モバイル テザリングガジェット

楽天モバイルの「Rakuten UN-LIMIT」ですが、月額2,980円+税でデータ使用量無制限かつ通話し放題という破格のプランを出しています。

まだキャリアとして開始したばかりなので不安はありますが、魅力的なプランですよね。

しかも、最初の300万人は1年間無料ときました。

これを見て僕は思いました。

これってテザリングすれば家の固定回線の代わりになるんじゃね?

と。


光回線って月4000~5000円くらいが相場かと思いますが、楽天モバイルで契約してテザリングすることで今なら1年間無料でWiFiを使うことが出来ます。

WiMAXとかのポケットWiFi使っている人も、楽天モバイルで端末を買ってテザリングした方が安くなるかもしれません。


というわけで、実際に楽天モバイルを契約してやってみたので結果をお見せします。

楽天モバイルで契約した内容と初期費用

まず楽天モバイルで契約した内容です。

  • SIMカード:3,300円
  • 端末(OPPO Reno A 128GB)38,800円
  • ポイントバック:20,000ポイントくらい

SIMカードを新規番号で契約と端末を購入しました。残念ながらiPhoneは対応していないのでAndroid端末が必要です。


楽天はポイントバックが非常に多いので、いろいろポイントバックで購入金額は42,100円だったのですが、実質2万円位で一通り揃いました。

1年間無料なので実質2万円位で端末からSIMまで揃うのは普通に安いです。



端末はもっと安いのもあるので、安く揃えようと思ったら実質1万円ちょっとくらいで一通り揃えられると思います。

純粋に家でテザリング用で使うなら端末は「OPPO A5 2020」の方がコスパがいいと僕は思います。

楽天モバイルが取り扱う端末の一覧は公式サイトから確認できるので気になる人は確認してみてください。

>>楽天モバイル公式ページへ

楽天モバイルを固定回線の代わりに使う方法

実際に楽天モバイルを固定回線の代わりに使う方法ですが、手順は簡単です。

  • 楽天モバイル回線端末でテザリングする
  • テザリングしたWiFiに繋ぐ

以上です。スマホでボタンを押したら後は繋ぐだけ。簡単ですね。


家のスマホやパソコンを、テザリングしたスマホに繋ぐだけで使うことが出来るようになります。

テザリングで繋ぐことが出来る端末数には上限がありますが、上限はスマホのテザリング上限数によるので端末のテザリング上限を確認してください。

楽天モバイルの端末をみる限りはだいたい10台が上限でした。10台以上繋ぐ場合は注意が必要です。

楽天モバイルのテザリング通信速度

テザリングして使う時に速度が一番気になりますよね。

光回線と比べて遅すぎたら日々の生活でもストレスを感じるようになると思います。


そこで、実際に測ってみました。

我が家は残念ながらパートナー回線なので楽天回線での速度は測れませんが、楽天回線の方がパートナー回線より速いようなので、僕の測定結果よりも速い速度が出ると思います。


まず、端末そのものの通信速度です。

楽天モバイル 通信速度

パートナー回線ですが、ダウンロードが16.6Mbps、アップロードが10.4Mbpsでした。

普通に使う分には何も問題ない速度だと思いますが、やはりパートナー回線だからでしょうか。そんなに速くないですね。


さて、本題のテザリングです。僕がメインで使っているiPhoneに接続してみました。せっかくなのでいろんな距離で測ってみようと思い、3パターンの計測で実験です。

僕の家は1軒屋なので、近距離、ドア2つ挟んだ部屋、1階の端から2階の端で検証となります。


まずは近距離から。真横にスマホを置いて計測しました。

楽天モバイル テザリング速度

ダウンロードが14.7Mbps、アップロードが9.09Mbpsという結果になりました。ほとんどテザリング元の端末と速度は変わらないですね。

テザリングでも楽天モバイルの回線だとわかるのは意外な発見でした。一番下に「Rakuten Mobile Network」と出てます。



次にドア2つ挟んだ部屋で速度を計測したものと、1階の端から2階の端の一番離れた距離で計測したものです。

楽天モバイル テザリング速度

左がドアを2つ挟んで速度計測したものです。

ダウンロードが12.8Mbps、アップロードが10.2Mbpsでした。なぜかアップロードは少し速くなりましたね。


右が1階の端から2階の端という一番遠い距離のものです。

ダウンロードが5.84Mbps、アップロードが5.08Mbpsとなりました。直線距離で10mくらい離れていますが5Mbps以上出ているので普通に使えるレベルです。


ただ、流石に1階の端から2階の端となるとテザリングしているWiFiの電波が2本になってしまいました。遠すぎると安定性に欠けるかもしれません。

楽天モバイルでテザリングしてみた感想

テザリングして使ってみた感想としては特に不満なく使える、といった感じです。

読み込みで待たされたりとかはありませんでした。実際に速度を測ってみた結果からも、固定回線の代わりに十分使えるのではないかと思います。


普段動画を見たり、スマホのオンラインゲームなどをするくらいなら十分過ぎる速度です。

楽天モバイル公式ページへ

楽天モバイルの無料期間ならWiMAXより安い

テザリングして使うくらいならWiMAXとかのポケットWiFiでもいいんじゃないの?
と思う人もいますよね。

確かに、WiMAXなどのポケットWiFiも契約内容によっては安く使えます。

それでも、楽天モバイルは最初の300万人までは無料という最強のアドバンテージが今はあります。

楽天モバイルがポケットWiFiよりも優秀な理由はこちら。

  • データ容量無制限
  • 普通にスマホとしても使える
  • 解約料がかからない

ポケットWiFiもモノによっては3日で10GB使うと128Kbpsになる制限があったりしますが、楽天モバイルは1日10GBで1Mbpsくらいの制限になり、ポケットWiFiよりも制限がゆるく使えます。

そして、何よりスマホなので普通にサブ機としても使えます。

WiFiだけじゃなくて電話も出来る優れもの!

まぁスマホなんで普通なんですけどね。かけ放題なのが地味に嬉しいです。


これも嬉しい特徴ですが、解約料がかかりません。契約してからいつ解約しても違約金が0円です。

大手キャリアだったりWiMAXなどは契約してすぐに解約すると違約金がかかることが多いですよね。

違約金のせいで解約を迷っている人って多いと思います。

僕が使っていたWiMAXなんて最大2万くらいしますからね。

その分端末代が無料なことが多いので、端末代と考えればそんなものかもしれませんが。



楽天モバイルはいつ解約しても無料です。違約金がかかりません。しかも今なら基本料金1年間無料です。

WiMAX使っている人は解約して楽天モバイルに変えたほうが明らかに安いですよ。

僕の場合は月4,000円程WiMAXに払っていましたが、楽天モバイルが思ったより使えたのでWiMAXを解約しました。(解約金が15,000円くらいかかりましたが。)

このままWiMAXを使い続けると1年間で約5万円払うことになりますが、楽天モバイルに変えることで1年分の費用が無料になります。

楽天モバイルの初期費用が合計で約2万円、WiMAXの解約金と来月の支払が合わせて約2万くらいなので、トータルで1万円くらい年間で浮く計算になります。


さらに、来年以降も楽天モバイルの料金は2,980円+税なのでWiMAXよりも安い!

これは変えるしかないでしょう。

楽天モバイルで使えるAndroid端末を持っている人ならSIMカードだけの契約でいいので事務手数料だけで済みます。

それも後々ポイントで返ってくるので無料のようなものですが。

キャンペーンがやっているうちに乗り換えるとかなりランニングコストを抑えられると思います。

楽天モバイル公式ページへ

楽天モバイルを固定回線の代わりに使うデメリット

楽天モバイルは固定回線の代わりに使えるくらい十分な通信速度でしたが、いくつかデメリットもあります。

  • サービスエリアが狭い
  • 1日10GB以上使うと通信制限がかかる
  • テザリングの台数制限がある

順番に解説します。

サービスエリアが狭い

楽天モバイルは2020年4月に正式サービスを開始したばかりで、現在楽天回線のサービスエリアが極端に狭いです。

サービスエリアは都市部を中心に展開されており、それ以外の場所はauのパートナー回線となります。

対応エリアは順次拡大され、2021年3月末には全国展開の予定だそうですが、現在はサービスエリアはかなり狭いです。


サービスエリア以外はau回線で5GBまでの利用となるので注意が必要です。

ただ、速度制限がかかっても1Mbpsの速度が出るので、動画以外のサービス利用やWebページを見る分には問題なさそうです。

対応エリアは楽天モバイルのホームページに掲載されています。
>>楽天モバイル対応エリア

1日10GB以上使うと通信制限がかかる

公式には書かれていませんが、どうやら1日に10GB以上利用すると通信制限がかかり、1Mbpsくらいの速度に制限されるようです。

次の日には解除されるようですが、ヘビーユーザー対策がされています。

ただ、少しづつ制限速度も緩和されているようですね。



1日に10GB使うようなヘビーユーザーはあまりいないと思いますが、普段から通信量が多い方は制限がかかるので固定回線の代わりには使えなさそうです。

テザリングの台数制限がある

テザリングで運用する場合、接続できる台数に制限があります。

端末のテザリング台数によりますが、だいたい10台くらいになるので、それ以上のWiFiに繋いでいる端末がある場合は注意が必要です。

家族がいる方には厳しいかもしれませんが、一人暮らしの方なら気にせず使えるのではかと思います。

僕の場合は、スマホ、タブレット、パソコン×2台を繋いでいます。それでもまだ6枠あるので、1人で使う分には余裕だと思います。

楽天モバイルが1年無料のうちに申し込むべき

10Mbpsで満足できない人以外なら、楽天モバイルは十分に固定回線の代わりになると思います。

何より1年間無料なので使わない手はないですね。しかも解約料金がかからないので、気に入らなければ解約すれば問題ありません。


固定回線をできるだけ安く抑えたい人は楽天モバイルを契約してテザリングで利用するという方法がおすすめです。

まとめると

  • テザリングしても十分使える速度
  • データ容量無制限
  • 先着300万人まで無料のうちに契約するとかなりお得
  • いつ解約しても解約料がかからない

といった破格のサービスなので一度は試してみる価値はあると思います。

楽天モバイル公式ページへ

タイトルとURLをコピーしました