三菱UFJが口座維持手数料の導入検討。ネット銀行の時代が到来

ネット銀行お金の話

三菱UFJ銀行が2020年10月から口座維持手数料を取ることを検討しているそうです。使っていない口座に対して年間1200円の手数料を取って、口座管理にかかる管理費を利用者に転嫁したいようです。

メガバンクもそれほどまでに追い込まれているということの現れなのでしょうか。かつては学生からも人気の高かった職業ですが、最近ではITを利用した人員削減や、リストラなどの話も聞くようになり、敬遠されるようになってきました。

日銀のマイナス金利政策や低金利が追い打ちとなって、経営状況はかなり厳しくなってきたようです。

そんな中での口座維持手数料の導入検討というのは、もはや口座の管理にリソースを割くことも厳しいのでしょう。僕も三菱UFJの口座を持っていますが、もし口座維持手数料が必要になってくるのだと、解約も検討しないといけないかもしれません。

特にメガバンクを使わないといけない理由はなく、現在はネット銀行も普及し、ネット銀行の方がサービスも充実しているように思えます。

他行振込手数料もネット銀行だと無料のところも多くあります。口座維持手数料を検討し始めた今、サービスの充実したネット銀行の時代が到来したのかもしれません。

口座維持手数料とは

三菱UFJ銀行が口座維持手数料の導入を検討し始めました。そもそも口座維持手数料とは一体何なのか。

その名の通り、口座を維持するための手数料ですが、口座の維持とはどのようなことを指しているのかというと、通帳やキャッシュカードの発行、印紙代、システムの維持費、その他にもマネーロンダリングに使われないようにする必要もありますし、暴力団などの口座として使われないように管理する必要もあります。もちろん、それらを行うために人件費もかかります。

銀行側からするとこれらのサービスは利益にならない間接業務です。この間接業務に1口座あたり年間1200円以上の維持費がかかっているということのようです。

これまではお金を貸した金利で口座の管理費も問題なく払えていたのですが、近年の低金利から銀行も収益が悪化し、このような口座維持手数料に頼らなくてはいけなくなってしまったようです。

三菱UFJ銀行の検討案では2年以上使われていない口座に対して口座維持手数料を取ることを検討しているようです。また、既に口座がある人は対象外になるようですが、今後もマイナス金利が続くことが考えられるので、口座維持手数料の対象が拡大し、口座を持っているだけで口座維持手数料が掛かる可能性はないとはいえません。

他の銀行にも口座維持手数料は導入されるのか

三菱UFJ銀行のような大手銀行が口座維持手数料を導入したら他の銀行も追従するようになるのでしょうか。

メガバンク4行は2019年12月時点で以下のようになっています。

三菱UFJ・2020年10月より口座維持手数料の導入検討
・2年以上取引がない口座が対象
・すでに口座を持っている人は対象外
SMBC以下の条件全てに当てはまる場合、取引停止
・5年以内に利息決算以外の入出金がないこと
・残高1千円未満であること
・上記の預金以外に他のお取引(定期・投信・借入・国債等)がないこと
・当行にてお取引の停止が妥当と認めた場合
みずほ取引残高等にかかわらず、当面の間「無料」
ゆうちょ・最後の取扱日または満期日から10年が経過すると、ATM・ゆうちょダイレクトの利用ができなくなる可能性がある
・ゆうちょ銀行または郵便局の貯金窓口で払い出し可能

三菱UFJ以外のメガバンクは特に今のところ口座維持手数料はありませんが、使っていない口座に関しては取引停止や利用停止などの処置を取っているようです。

いずれの銀行も使われていない口座の管理は費用がかかるだけなのでしたくないようです。銀行も営利企業なので無駄にリソースは割けないということですね。

また、みずほ銀行の「当面の間」というワードも少し引っかかります。いずれは口座維持手数料を設定する予定なのでしょうか。

いずれにしても、休眠口座に対する対応は各銀行で考えているようなので、三菱UFJ銀行のようなメガバンクが口座維持手数料を導入した場合、他の銀行も追従する可能性は十分に考えられます。

こうなると、休眠口座の解約も視野にいれる必要があるかもしれません。

ネット銀行の時代が到来!

店舗を構えるメガバンクや地方銀行は現在の低金利の環境で少しづつサービスが改悪されています。コンビニATM手数料や他行振込手数料、両替手数料など、多くの手数料がお金を扱うとかかります。

金利も低いので、銀行に預けていてもお金が増えることは現在ではほぼありません。利息で増えても数円です。

そんな中で最近使う人が増えてきたのがネット銀行です。

店舗を持たない銀行なのでメガバンクや地方銀行ほど人件費がかかりません。なのでサービス内容も充実しているところが多いです。

ATM引き出し手数料、他行振込手数料が最大15回まで無料であったり、預金金利がメガバンクの10倍になったりすることもあります。

最近はキャッシュレス決済の普及もあり、現金を使うことも少なくなりつつあるのではないでしょうか。普段から現金をあまり引き出さない人こそネット銀行はオススメです。

ネット銀行も複数存在しますが、サービスの充実した大手を2社紹介します。

住信SBIネット銀行

SBIホールディングスと三井住友信託銀行が共同出資しているネット銀行でSBI証券との連携も可能です。

スマプロランクというランク精度があり、ランク1~4の4段階で毎月ランクが変動します。ランクが高いと受けられるサービスの内容も充実します。

ランクごとのATM手数料と他行振込手数料無料回数は以下のとおりです。

振込手数料
住信SBIネット銀行  https://www.netbk.co.jp/contents/lineup/smartprogram/rank/


一番低いランク1でもATMは毎月2回まで無料、他行振込手数料も毎月1回まで無料です。

メガバンクなら他行宛振込手数料無料は厳しい条件があったり、そもそも無料でなかったりしますが、住信SBIネット銀行は確実に1回は無料です。

ランク2も30万円以上の預金があれば条件達成なので、ランク2に到達することはそんなに難しいことではないと思います。

振り込みが多い人や、普段からあまり現金を引き出さない人にはオススメの銀行です。

楽天銀行

多くの人が知る楽天が運営するネット銀行です。

こちらは住信SBIネット銀行よりもATMの手数料無料の限度額や、他行振込の手数料無料回数も少ないですが、大きな違いとして預金金利が最大0.10%になる特徴があります。

今やメガバンクの金利は0.01%ほどです。つまり、楽天銀行に預金をお預けておくだけでメガバンクの10倍の利息がつくというわけです。

100万円預ければ年間1000円ほどの利息がつくわけです。たった1000円ほどですが、メガバンクなら100円にもならないでしょう。

ネット銀行にお金を預けるだけでお金が少し増えるので使わない手はないでしょう。口座維持手数料を導入されてお金を取られるよりは増えるほうが嬉しいですよね。

ちなみに、この金利0.10%は楽天証券の口座を解説して口座を連携させる必要がありますが、株を買ったりはしなくていいので安心してください。金融商品に興味がなければ連携させるだけで大丈夫です。

また、楽天ならではの特典として、給料の受取や口座振替でも楽天スーパーポイントが貯まります。

楽天ユーザーなら作らない手はないですね。

お金が取られるメガバンクよりもお金が増えるネット銀行

もはやメガバンクのサービスには期待できなくなりました。個人がお金を預けたり振込をするだけならネット銀行で十分な時代ですね。

キャッシュレスを政府が推進していることも追い風になっていると思います。現金を普段からあまり利用しない人はこの機会にネと銀行を利用してみてはいかかでしょうか。

使ってみると便利ですよ!

タイトルとURLをコピーしました