Googleのサクラレビューに注意!サクラの見分け方

star 日常

ぐるなび、食べログ、ホットペッパーなどなど、様々なサイトやアプリで飲食店を探すことがあると思います。

これらのサービスにはユーザがお店を評価する機能があり、多くの人はお店を探すときにこれらを参考にしているのではないでしょうか?

ただ、評価の付け方がユーザには可視化されておらず、高評価のお店に行ったのに微妙だった、みたいな話を聞くこともあります。

そこで最近注目されているのがGoogle Mapのレビューです。

Google Mapで検索できる場所にレビューを個人が書き込める仕組みになっており、そちらのレビューのほうが信頼できる、という人も最近は見かけるようになりました。

アカウントの個人名も表示されるので、名前が出ていると匿名のレビューより信頼できますよね。

ただ、使う人が増えるとやはり発生するんです。

サクラレビューが!

そのお店の関係者や業者が一般人になりすまして意図的に評価を上げてくるわけです。
評価の悪い店よりも評価のいい店の方が行きたくなりますからね。

今回はそんなサクラレビューに引っかからないために、見分け方をご紹介します!

Google Mapのレビューの仕組み

Google Mapのレビューの評価は単純平均です。つまり、全ての評価の平均値がその場所の星の数になるわけですね。

ちなみに食べログだと、食べ歩きを頻繁に行うユーザのレビューの方が優先的に評価されるようです。また、多くのユーザからいい評価をもらわないと星の数が上がらない仕組みのようです。

詳しくは食べログのホームページに記載されています。

点数・ランキングについて[食べログ]

独自アルゴリズムなので、どのように評価されているのかはユーザにはわかりづらいところもあります。

しかし、Googleはアカウントを持っているユーザの誰もがレビュワーになれます。レビューを多く行うとポイントが溜まり、特典があるようですね。いい評価も悪い評価も加点されるようです。

なので評価が赤裸々に書かれています。

逆に言うと誰でもなんでも書き込めるので、悪いように使われる危険があるということです。

新規でアカウントを作って、あることないこと勝手に書けるわけですね。何万件もレビューがあれば影響はほぼないですが、数十件しかレビューがないと悪意のある評価は目立ちます。

そのあたの自由度が高すぎるのは少し問題かもしれませんね。

サクラレビューの見分け方

sakura

Google Mapの評価を参考にする人が増えるとやはりサクラレビューが発生します

やたらと高評価なのにいざ行ってみると対応が悪い、食べ物が出てくるんのが遅い、席料金、お通し料金がやたらと高い、なんてことがあると気分悪いですよね。

そんなことにならないようにサクラレビューには気をつけないといけません。

評価が両極端

最高評価と最低評価の両方多いお店は要注意です。

星5の評価が多いのに星1の評価が多いということは関係者や業者のレビューが疑われます。

レビューの数が数十件以上になると、だいたいお店の評価は一定のところに収まることが多いです。

たまたま1人の定員の粗相などで評価が悪くなったり、おかしな客が評価を下げることもありますが、10件以上レビューがあればある程度同じところに評価が集まります。

両極端になるということは本来評価が低いところなのに、関係者や業者が無理やり評価を上げているということです。

そのようなレビューのところは少し考えたほうがいいかと思います。

犠牲者がレビューでサクラを指摘しているところもありました。
犠牲は無駄にしてはいけません。

1件もしくは同じ店のレビューしかない

Google Mapのレビューはレビューした人が他にどのようなレビューをしているのか見ることができます。

レビューしているユーザ名を クリックするとその人が他にどんなレビューをしているかが見ることができます。

そのレビューが見ているお店のレビューだけの場合は怪しいです。そのお店だけレビューしているアカウントが大量にある場合はサクラで確定です。

レビューをするユーザはだいたい複数箇所にレビューをしているので、そういったユーザの意見を参考にする方がいいですね。

レビュー

こんな感じで多くのレビューをしている人もいます。日頃レビューをしている人を参考にしましょう。

僕が見つけたのは、ある2件のお店にだけレビューしている大量のアカウントでした。いい評価ばかり書いていて、見るからに怪しかったです。なんかきな臭いなぁ、と感じるレビューをするアカウントが多かった場合、そのレビューしているアカウントがどのようなレビューをしているのか確認してみるとわかることが多いです。

レビューしている人が他にどのようなレビューをしているのか要チェックです。

レビューの内容が詳細すぎる

レビューにはもちろんコメントが書き込めるのですが、そのコメント内容にメニューが書いてあり、その内容が詳細な時は注意が必要です。

なぜって? みなさんはお店の料理のメニューを事細かに覚えていますか?

長い名前のメニューとかありますよね。ああいうのって全部覚えてられないでしょう。

「ポークカレー」とかなら覚えられますけど、「旬野菜とローストビーフのサラダ」とかいちいち覚えないでしょう。通いつめているなら別ですが、レビューにメニューの名前が詳しく書いてあり、その感想がプラスの評価しかない場合はサクラですね。

というかお店の人です。

お店の人が一般人のフリしてメニューの宣伝をしています。

その場所に関係する人がレビューを書くことはGoogleのガイドラインに違反するそうです。自分のお店をよく書きたいのはわかりますが、いいお店というものは勝手に口コミで広がるものです。

実力で勝負してほしいですね。

情報を手に入れやすくなった分、調べるコストが増えた

結局レビューという他者の評価をみんなあてにしているわけですが、そのレビュー情報を簡単に得られるようになったからこそ信憑性も薄くなってしまいました。

誰もが率直な気持ちでレビューを書いてくれればそのまま鵜呑みにしていいのですが、お店側もレビューで売上が変化してしまいますから、必死になるのもわかります。

なので、レビューを見てお店を選ぶ時は個々の情報リテラシーが大切になります。

サクラの見分け方をご紹介しましたが、こういったレビューは多くの人の思惑が入り混じっているということを頭の片隅いれておきましょう!

タイトルとURLをコピーしました