スマートウォッチは運動するときに必須!運動の質をアップ!

スマートウォッチは 運動するときに必須!トレーニング

僕は週に3~4回くらいジムにいったりランニングをしたりするのですが、スマートウォッチを使い始めてから運動の質があがりました。

Apple Watchを使っているのですが、運動のデータをiPhoneと連動させてすべて見ることができるので、1日の運動データから調子の善し悪しやランニングだとペースの確認もできるようになります。

日々の結果から成長を感じられるので運動が楽しくなります。


また、スマートウォッチはスタイリッシュなデザインも増えてきたので、日常で使っていても違和感を感じる人は少ないように思います。

そんな1日中付けていられるスマートウォッチの運動をするときの便利なことについて紹介します。

運動するときのスマートウォッチの使い方

僕は運動するときはApple Watchを使っていますが、かなり便利です。

運動やトレーニングを楽しく、効率的に出来るのでおすすめです。

スマホがなくても音楽を再生できる

ランニングのときに音楽を聴く人は多いと思います。

音楽を聴くときに何を使って再生していますか?

スマホを持って走る人や、ウォークマンや小型の音楽再生機器を持って走ることになるかと思います。


ただ、音楽の再生機器を持ち歩くのって正直、邪魔じゃないですか?

走ると揺れて左右に動くこともあるし、スマホだとでかくて気になるしで走るときは邪魔ですよね。

ただ、スマートウォッチなら時計なんで付けていても全然気になりません。時計なのに音楽も入れることが出来ます。

ウォークマンやiPodはもはや必要ありません。時計で十分な時代になりました。


音楽の再生は基本Bluetoothなので、有線のイヤホンの人はBluetoothイヤホンが必要ですが、Bluetoothならケーブルも気にならないので走りやすくなりますよ。

持ってない人はBluetoothイヤホンも買っておくと運動を楽しく出来るようになりますよ!

脈拍や走った距離の記録が出来る

普通にランニングをすると何キロ走ったか、なんて大まかにしかわかりませんが、スマートウォッチなら内臓のGPSで走った距離がわかります。

これって結構便利ですよね。普段のトレーニングやランニングの成果をスマートウォッチを使って計測できるのでモチベーションにも繋がります。

僕の場合はApple WatchなのでiPhoneと連動させて管理することもできます。


iPhoneのヘルスケアアプリで走ったルートを後から確認することも出来るので、振り返りも出来ます。時代の進歩を感じますね。

ヘルスケアアプリのランニングコース

ヘルスケアアプリの画面ですが、この下に地図とランニングコースも表示されます。

近所を走ったので隠してますが、かなり正確に走ったルートが出てきました。

Apple WatchはGPSモデルなので走ってる最中はオフラインなんですが、iPhoneと同期すると走ったコースが表示されるので最初見たときは結構衝撃でした。


自分がどんなペースでランニングしたのか、あとから振り返れるのは便利ですね。

ランニングのペースがわかる

走ったコースだけではなく、走っているときにランニングのペースもわかります。

自分が今何キロ走って、どれくらいのペースなのか、ランニングに力を入れている人は気になりますよね。

陸上競技場を走ってれば1周400mなので何周走ったかでペースはわかりますが、街なかなどを走っていると、何キロ走ったかは普通はわかりません。

しかし、スマートウォッチをつけていれば走っている最中に何キロをどれだけのペースで走ったかもわかります。

AppleWatchワークアウト画面

こんな感じで走った時間と平均ペースが出てきます。

走っている途中で1キロ単位のペースも通知してくれるので、自分の普段のペースからのすれも確認することが出来ます。

脈拍も測れるので、疲れ具合も可視化されます。


僕の場合は、普段のペースで走っているのに脈拍が速くなっていたりすると、調子が悪かったり、運動不足だったりの判断をするときに使ったりします。

特に、普段からランニングをする人は調子の善し悪しや疲労具合の判断にも使えそうですね。


こういったランニングのペースの確認や脈拍を走りながら確認できるのはスマートウォッチの特徴の1つです。

タイマーによる休憩時間の把握

ジムでウエイトトレーニングをするときにApple Watchのタイマー機能を使っています。

画面をタップすると指定した時間のタイマーが使えるので休憩時間の管理にとても使えます。

ベンチプレスをするときは休憩時間を1分にして追い込んでいるのですが、Apple Watchだとバイブレーションで時間を知らせてくれるので、タイマー音が周りに迷惑をかけることもありません。

ジムでハードワークをしている人がタイマー音を気にするかという微妙なところでありますが、周囲に音を出さずにタイマーを使いたい人にはおすすめです。


バイブレーションなので自分にしかわかりません。便利ですよ。


他にも、僕は会社で昼休みに仮眠するときにも使っています。

会社だとアラームを鳴らせませんが、Apple Watchのバイブレーションなら誰にも気づかれず時間通り起きることが出来ます。

さすがに昼休みに寝過ごすわけにはいきませんからね。


タイマー機能がいろんな場面で使えるのもスマートウォッチのいいところです。

日常生活や仕事でも使える

運動にスマートウォッチをおすすめしましたが、運動だけで使うのももったいないですよね。

最近はスマートウォッチもスタイリッシュなモデルやバンドも出てきています。

スマートウォッチの普及も広がったので、ビジネスの場面でもスマートウォッチを付けている人を見ることも多くなりました。

僕も仕事するときもApple Watchを身に着けています。

スマホの通知と連動してるので、スマホを見れないときに通知からメールの内容を確認したりできるのも便利です。

ガジェット好きの人からは興味も持ってもらえるので話のネタにもなって一石二鳥です。


スマートウォッチは運動だけでなく、普段の生活や仕事でも使うことができるのがいいところです。

運動するときのスマートウォッチのおすすめ

運動するときのスマートウォッチのおすすめです。

僕が使っているのはApple Watchです。

iPhoneを持っている人はApple Watchで決まりだと個人的に思っています。

Apple WatchとiPhoneが連動できるので、音楽の同期も簡単ですし、通知もすべてApple Watchで確認できます。

運動したデータもiPhoneですべて確認できることも使っていて便利だと感じるところです。

僕がApple Watchを使ってみたレビューも書いているので、よかったら参考にしてください。
>>Apple Watchを半年使った感想!iPhoneユーザー必須のアイテム


使い始めてもう1年以上たちますが、毎日使っている相棒です。

今後もApple Watchの新モデルには期待です。

スマートウォッチは運動するときに手放せないアイテム

運動するときにスマートウォッチは手放せないアイテムになりました。

僕はApple Watchを使っていますが、使っていると地味に便利! というような機能が多数あって運動の効率を上げるだけでなく、日常生活でも便利に使うことができます。


特に、これまでスマートウォッチを使ったことがないという人は是非つかってほしいです。

僕みたいなジムにいったりランニングしたりする人にとっては手放せないアイテムになること間違いなしです。

タイトルとURLをコピーしました