テレワークで監視したくなるのは成果より過程を重視してるからじゃないかな。と個人的な感想。

テレワークで監視したくなる理由仕事

最近の社会情勢でテレワークが進んでいますが、上手くいっている企業と上手くいかない企業に差が出始めいているようですね。

ニュース記事にこんなのがありました。

テレワーク 働きぶりの“見える化” 導入広がる 新型コロナ | NHKニュース
新型コロナウイルスの感染拡大を受け、テレワークを導入する企業が増える中、会社にいないため、働きぶりを直接、見ることができ…

見ていて思ったのは、社員信頼してなさすぎじゃない?

ということ。パソコンのカメラで社員の様子を監視したり、操作ログを上司に送信したりといった具合に監視されている企業の人がいるそうです。

幸い、僕の会社はそんな監視はありませんし、やることやってれば何も言われません。
自宅で働いているのに監視されていたらすごいやる気なくなりそうですね。

こういった監視をする理由はいくつかあると思いますが、成果ではなく過程を重視する日本型の働き方が原因なのかなぁ。と個人的には思っています。

テレワークで上司が仕事ぶりを監視する理由

テレワークを導入し始めた企業で取り上げられていたのが社員の監視です。実際に働いているのか、サボっていないか、負荷が高すぎないか、などなど監視の理由が取り上げられていました。

上司からしたら部下が働いているのか気になるのでしょう。


記事の中で取り上げられていた企業は「着席」と「退席」のボタンでテレワークを行っている社員の勤務実態を把握するシステムを利用しているそうです。

昼食や休憩時は「退席」ボタンを押し、休憩時間は1秒単位で記録されるということらしいです。

休憩中にボタン押さなかったら勤務時間になるのでは?

と思いますが、「着席」ボタンを押している社員のパソコン画面がランダムに上司に送られるそうです。電話とかしていて画面が止まっていたら何かおかしいと思われます。


なにそれ怖い

勤怠の管理は大事だと思いますが、パソコンの画面を上司に送る必要がどこにあるのでしょうか。

僕は仕事中にパソコンの画面を後ろから覗かれるのがすごく嫌いです。

普通に資料を作っている時に、
「それ何の資料?」
みたいな感じで覗いてくる奴。

いや、何みてんねんねん。聞きたいことあったら聞きに行くから、今集中してるから!

と内心思いつつも防ぐ手段もないんですけどね。後ろを人が通るのもあんまり好きじゃないです。気になります。

パソコンとかスマホとか、変なもの見てなくても覗かれるの嫌じゃないですか?これは僕だけでしょうか。

せっかくテレワークで人から覗かれないと持ったら常に上司にパソコンの画面を覗かれるとかどんな罰ゲームですか。



記事の中で監視する理由として書かれていたのは、自宅で働く社員に一定の緊張感を持たせたいとのことでした。

いらん、そんな緊張感は。


人間には心理的安全性というものがあります。仕事でいうと、メンバーが不安や恐怖を感じることなく働くことができる状態のことです。

こんな画面を監視されていたら恐怖しかないですよ。部下同士の個人的な相談メールも全部見られてしまいますからね。何も相談できません。

不安と不満しか出ないです。

部下だけ監視されるなんてフェアじゃないですよね。上司も監視させろという話です。(多分違う。)

もう少し社員や部下を信頼してほしいですね。

そもそも成果に対して評価すれば問題ないはず

そもそも成果物がちゃんと出ていれば問題ないはずです。

この日までにこれをやる!今日はこれをやる!終わったらこれが今日の成果です!

それでいいんじゃないでしょうか。

企業というのは営利を追求するものです。つまり、短時間で結果を残した人が偉いはずです。

10の仕事があったとして、半日で終わらせた人と、10時間掛けて終わらせた人では半日で終わらせた人のほうが能力は高いのに、休憩したり自己研鑽していたりするとサボりと言われます。

しかも遅くまでやっている人のほうが残業代も貰えて給料が高いという謎の減少が発生します。

時間で給料が支払われているので仕方がありませんが、早くに仕事を終えた人に対してその分の給料が支払われるわけではないでの、せめて自由な時間くらい与えてもいいと思います。

やることをやっていれば別に誰も損しているわけじゃないですからね。

仕事が早く終わってアウトプットもしっかりしてる生産性の高い人には、評価を高くつけて、もっとレベルの高い仕事や量をこなしてもらえばいいと思います。

しっかりした成果物さえあれば、極端な話、寝てようが遊んでようが、本を読んでいようがなんでもいいと思います。


結果よりも過程が大事だ!と学生の頃までは言われたことが多いかと思いますが、社会というのは最終的には結果が全てです。

こんだけ残業して作った商品です!買ってください!

なんて言っても誰も買ってくれませんよね。そんなのはお金を払う側からしたら知ったことではないわけです。いいものであればお金を払うし、良くなければ買わない、それだけです。

仕事も結局どれだけ頑張ったかよりも、どんなものが出来たかが大事なんです。

テレワークだからこそ、過程より結果を重視してほしいですね。

まとめ 社会人は結果が大事。

今までの働き方は人が会社という箱に集まって一緒に仕事をしていたので社内政治で出世が大きく決まる場面も多かったのではないかと思います。

なんであいつが!
みたいなやつですね。

ただ、テレワークが中心となるとそういった社内政治でのし上がった人や、働かないおじさん、と呼ばれる人たちが目立つようになると思います。

何しているかわからない人から何も出てこないと、結局何もしていないということになりますからね。

そもそも働かないおじさんは監視されるとどうなるのか気にはなります。何をしているのでしょうか。そもそも何かを抱えているのかも気になります。



それはさておき、日本型の年功序列的な仕組みが大きく変わる転換期かもしれませんね。

結果がすべてとは言いませんが、求められるものは大きく変わりそうです。
時代に置いていかれないように気を引き締めていこうと思います。



まぁ、どのみち監視はされたくないですね。はい。

タイトルとURLをコピーしました